47都道府県の桜が集合!有楽町に高さ8mの巨大桜が出現

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

今年は桜の開花が遅れているが、都内でひと足先にお花見イベントが開催される。ルミネ有楽町は、屋外スペースなどで、3月22日(木)から25日(日)までの期間、「『桜を見上げよう。』Sakura Project」を実施するのだ。日本を一つに、元気にすることを目指して、47都道府県の桜を集め、高さ8mの大きな“一つの桜の木”に仕立てて、一斉に開花させるという。

同プロジェクトの指揮を執るのは、プラントハンターの西畠清順氏。ルミネ有楽町は、屋外スペース・ルミネパサージュで、同氏が行脚して47都道府県から集めたという10種以上の桜を、一つの桜の木として展示し、3月22日(木)に満開に咲かせる計画だ。

また、桜の木の下では、東北の特産品販売を通じて復興を目指す「復興デパートメント」が期間限定で開かれたり、トークショーやライブが行われたりと、様々な催しが目白押し。夜には桜のライトアップも行われるというので、デートで訪れるのもお勧めだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る