ご当地ラーメン店「ラーメンWalker食堂」が「わかやま食街(グルメタウン)2012」に出現!

2012年3月21日 19:30更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「和歌山マリーナシティ」で3月24日(土)・25日(日)に開催されるグルメイベント「わかやま食街(グルメタウン)2012」にラーメンWalkerがご当地ラーメンブース「ラーメンWalker食堂」を出店する。

ラーメンWalkerは2012年、全国のご当地ラーメンを盛り上げるための新プロジェクト「ご当地ラーメンルネッサンス」を立ち上げ、様々な取り組みを開始。その記念すべき第一弾となるのがこのラーメンブースの出店だ。2日間のイベント期間中に「ラーメンWalker食堂」が提供するラーメンはずばり「醤油豚骨中華そば」(500円)1品のみ。2日間・600杯限定での発売となる。

この和歌山ラーメンの特徴は、半世紀以上にわたり和歌山で親しまれている「中華そば」のスープである“醤油+豚骨”の組み合わせは守りつつ、素材や調理法などに独自の工夫を加えたこと。醤油豚骨スープは化学調味料や添加物は使わず、醤油は地元・紀州有田のカネイワ醤油本店製を使用している。厳選した小麦で製麺した平打ちストレート麺と、飲み始めたら止まらない、濃厚ながら後味すっきりな醤油豚骨味のスープが絶妙な組み合わせだ。和歌山の地元の方たちにも自信をもっておすすめしたい、古くて新しい“NEO和歌山中華そば”をこの機会に一度味わってみてほしい。ラーメンを食べてアンケートに答えてくれた方全員にその場でおいしいプレゼントも!

ご当地ラーメン復興のプロジェクトについては、「ラーメンWalker」Webサイト内、「ご当地ラーメンルネッサンス」ページ(http://ramen.walkerplus.com/rr/)にて3月より連載がスタート。ラーメンウォーカー新人スタッフ・鎌田が新プロジェクトを企画し、奮闘する様子を公開中だ。今回のイベントの様子は、第7話(4月16日更新)にて詳しく紹介予定。果たしてイベントは無事成功となるのか。是非チェックしてみて!【関西ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る