三浦春馬が再び地球ゴージャスに! 大冒険活劇「海盗セブン」に挑む意気込みを直撃!

2012年3月27日 13:51更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「今回ボクが演じるのは大怪盗。観に来てくれたあなたの心を盗みます!」

2009年、岸谷五朗・寺脇康文が主宰する演劇ユニット地球ゴージャスの「星の大地に降る涙」で舞台デビューした三浦春馬。今回、再び地球ゴージャスに参加、大地真央や森公美子らと共に大冒険活劇「海盗セブン」に挑む。岸谷・寺脇と来阪した三浦春馬は、周囲に気配りの出来る好青年。過密な取材攻勢の中で、短時間でも誠実に応えようとする姿が印象に残った。そんな彼が、3年ぶりとなる舞台への意気込みを語った。

Q:2回目の地球ゴージャスですね。

「はい。また出られるということがすごく幸せです。前回の後、自分の中で成長を感じました。前は10代でしたけど、20歳を越えてまた成長できる場に来れたと思うと、とてもワクワクしますし、気を引き締めて臨まないと、と思っています」

Q:初めて舞台に立って、どうでした?

「メチャクチャ緊張しました。毎日ずっと緊張していて、毎日お腹を壊していたんです。公演後にご飯会があっても、物を食べると胃が痛くて食べられないことが大半でした」

Q:そんなに辛かったのに、またやりたい?

「はい。その辛さはもう忘れてるんですよ(笑)。実は自分から、もう一回出たいと言ったんですよ。すごくおもしろかった。舞台の上から、お客さんの笑顔や感動している表情が見える。何かしらのアクションに反応してくれるっていう、そのやりとりがすごく気持ちよかったんです。クセになると言いますか…。前回も大阪が大千秋楽(ツアーの最後の公演)でしたけど、最初は終わった感じがしなかった。また明日もあるんじゃないかって思うぐらい、当たり前のように過ごして、当たり前のように演じて。でも、その時間が明日から終わってしまうんだと思うと、寂しかったですね、とても」

Q:自分でどこが成長したと思いますか? それは今、生かされてますか?

「基本的な自分のスキルが上がったんじゃないかと。殺陣とかアクション、声の出し方もそうですし…。毎日同じ芝居をやるという持久力、集中力も前回でとても付いたと思います。その持久力は、少なからず映像のお仕事でもきっとプラスになっていると思っていまして。今回は、前回感じたことや、前回にいただいて養った部分を、もっともっと伸ばしていければいいなと思っています。エンタメに対する気持ち、その熱さが自分の中で前回とは全く違うので、それをお芝居で表現し、届けたい。観ていただいた方に元気や勇気を感じてほしいんです。この届けて行きたい気持ちが前とは比べ物にならないんじゃないかと感じています」

Q:今回の作品について、どんな感想を?

「稽古中に五朗さんたちと食事や飲みに行く機会があると、五朗さんのエンタメに対する熱意を感じながら過ごしていました。今回、本を読んで、そんな五朗さんのエンタメへの熱い気持ちが全体的に散りばめられている、いい本だなぁと思いました」

Q:7人の怪盗のひとりですよね。どんな役?

「とてもカッチョイイ役です。これまでみなさんにお見せしたことがないようなぶっとんだ役。本の中でエンタメに対する重要なセリフを言う大事な役をいただいたので、一生懸命やりたいと思っています」

Q:必殺技ありますか? 見てほしいことは?

「必殺技ありますが、内緒です(笑)。それは、すっごい体力がいります。エネルギーとしては瞬発型。三浦って意外とこんなこともできるんだって、そんなことをたくさん盛り込んでいるので、ビックリして頂ける場面が多々あると思います。前回以上を目指します。2回目の地球ゴージャスで、そうしないと意味がない」

Q:一番楽しみにしていることは?

「五朗さんのカーテンコールトークを、真剣なまなざしで聞いてくださるお客さん。そういう客席を見る時、ボクは“いい景色”って呼んでいるんですけど、素晴らしい景色でした。笑ってたり涙してたり、その時のお客さんの顔を見るのが、前回ほんとに病みつきになったんです。だから、カーテンコールですかね」

Q:ファンの方へメッセージを。

「今回は公演回数が多く、たくさんの方に観ていただけるので、自分としては大千秋楽の大阪までコンディションを崩さずに、とても良い状態でパフォーマンスをお見せしたいですね。すごい必殺技があるので、ぜひそれを楽しみに来てください!」

Q:大阪に来たら必ずすることは?

「“タコヤキ”は絶対食べます。前回は、“くくる”と“甲賀流”でした。“タコヤキ”好きです。ソースもおいしいけど、ダシ付きタコヤキ。あれ、ヤバイです。あんなにおいしいのは東京にはないですよ。安くておいしい。食べた~い!(笑)」

【取材・文=ドルフィン・コミュニケーション】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る