王貞治や神田うのらがロボットをデザインした「KITTYROBOT展」が開催!

2012年5月24日 16:09更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

サンリオピューロランドでは、大人気キャラクターのハローキティの新アトラクション「KITTYROBOT(キティロボット)」を12月からスタートする予定だ。そのオープンを記念して、8月12日(日)から19日(日)まで、チャリティーイベント「KITTYROBOT展~未来へおくるメッセージ~」を表参道ヒルズ本館B3Fのスペースオーで開催する。

本イベントではアトラクションのモチーフであるキティ型のロボットを著名人や人気ブランドなどがデザインした作品展示と、その作品のチャリティーオークションを行う。作品のテーマは「未来へのmessenger」。未来の象徴でもあるロボットとハローキティのリボンに込めた“思いやり”“仲良く”というメッセージを融合した「KITTYROBOT」を通じ、未来を生きる子供たちに温かいメッセージを伝える。

参加著名人は、青木さやかさん、天野吉孝さん、IZAMさん、王貞治さん、神田うのさん、藤本美貴さん、ほしのあきさん、MEGさん、武藤敬司さんなど約80名以上を予定。また参加ブランドはALPHA INDUSTRIES、BEAMS、dazzlin、MURUA、Elephant Blancなど、続々と決定している。

会場ではアトラクションの体験ブースや飲食、物販コーナーなどもあり、ひと足先に新アトラクション「KITTYROBOT」の世界が体験できる。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る