擬人化ならぬ“擬犬”化!アニメ「47都道府犬」の新グッズが続々登場

2013年6月7日 15:03更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ピーナッツ(千葉県)や納豆(茨城県)など、各都道府県の名物などをモチーフにした「47都道府犬」が、iPhoneケースやストラップになって登場した。どの犬も愛らしいのだが、大仏をモチーフにした“奈良犬”などは、最早、犬とは思えぬ風貌。爆笑必至のアイテムに仕上がっている。
現在、発売されているのは、全国各地の名産品や名所と犬をミックスさせたゆるキャラとして話題を集めている「47都道府犬」のiPhoneケースやストラップ(アクリル根付)。「47都道府犬」とは、もともと、番組「Say! You! Say! Me!」(テレビ愛知 AT-X)内のショートアニメのキャラクターだが、北は北海道から南は沖縄まで、47都道府県分、47匹ものキャラクター数で展開されているので、グッズではコレクション魂に火が付くこと間違いなしだ。
とんがり頭が気になるピーナッツ風の“千葉犬”や、納豆の入れ物の両端を犬の耳に見立てた“茨城犬”など、愉快な顔ぶれが揃うが、思わず笑いがこみ上げてくるのが、大仏をモチーフにした“奈良犬”や、つぶつぶ感・ぽってり感がキモ可愛い(?)明太子風の“福岡犬”。広報担当者は「もともとのショートアニメのファンからも好評です。ご自身の県の47都道府犬を探して、是非楽しんでください」とアピールする。
「47都道府犬」グッズは、近日、キーホルダーやボールペンなども発売される予定。コミカルな犬たちを愛でて、和んでほしい。【東京ウォーカー】
※詳しくは販売元・日本観光商事の公式HPでチェック

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

ページ上部へ戻る