サルヴァトーレ・クオモが名古屋・瑞穂区役所前にオープン

2009年2月24日 13:07更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ナポリピッツァを日本に広めた功労者、サルヴァトーレ・クオモ氏がプロデュースする「PIZZA SALVATORE CUOMO 瑞穂店」が、名古屋市瑞穂区の瑞穂区役所前駅近くにオープンした。

約10種類のピッツァ(S1200円〜)は、アンチョビなど6種類のトッピングでアレンジ可能だ。世界大会優勝ピッツァの“D.O.C”(M2300円)は水牛100%のモッツァレラチーズが美味。デリバリーやテイクアウトもあり、本場ナポリの味を家庭でも楽しめる。

ナポリの町並みやクオモ氏の写真が飾られた店内は、テーブル席が中心。イタリアの職人が造った薪窯がある。

営業時間は11:00〜15:00(LO14:30)、17:00〜23:00(LO22:30)、土日祝11:00〜23:00(LO22:30)。【東海ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る