ゲーム業界初!MoMAに「パックマン」「塊魂(かたまりだましい)」を収蔵

2012年11月30日 18:13更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

バンダイナムコゲームスが開発・販売した「パックマン」「塊魂」が、ニューヨーク近代美術館(以下MoMA)に収蔵されることがわかった。ビデオゲーム分野では初めて“パーマネントコレクション”に認定され、MoMAでは2013年春から1年間の予定で展示される計画だ。

「パックマン」とは、1980年に発売されたアーケードビデオゲームだ。米国での人気は日本国内をはるかに上回り、キャラクターグッズは400種類以上が販売され、放映されたテレビアニメの最高視聴率は56%を記録するなど“パックマンフィーバー”といわれる空前のブームを引き起こした。2005年には“最も成功した業務用ゲーム機”としてギネス・ワールド・レコード社より認定を受けている。

「塊魂」とは、雪だるまを作る要領で塊を転がし、フィールドにあるさまざまな“モノ”を巻き込んで大きくしていく3Dアクションゲームで、2004年3月に家庭用ゲームソフトとして登場した。“国境も年齢も性別も超えて、誰もが楽しめる”をコンセプトに作られ、シンプルで独創的なゲームデザインが反響を呼んだ。ゲームソフトとしては史上初の「グッドデザイン賞」を受賞したほか、国内外から数多くの賞を受賞し、業界の壁を越えて高い評価を得ている。

“パーマネントコレクション”は毎年、機能性、デザイン性に優れたあらゆるプロダクトの中から選定されるコレクションで、MoMAに永久保存されている。バンダイナムコゲームスでは、「両コンテンツに共通するシンプルで普遍的なゲームルール、当時のゲームトレンドに革新をもたらし、今なお世代・国籍・時代を超えて愛される独創的なゲームデザインや世界観とキャラクターが収蔵につながった」と考えているとのことだ。

ゲーム業界初の快挙であるこのニュースは、ゲーム業界だけでなく日本にとってとても喜ばしい話題だ!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る