就労支援の情報発信基地・仕事ライブラリー「ハローライフ」が大阪・本町に5/12オープン! 自分の理想の職場を発見しよう!

2013年5月13日 21:56更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2011年よりスタートした「レイブル応援プロジェクト大阪一丸」で、ニートの中で働く意思を持ち行動を起こしている若者“レイブル”(late bloomer=遅咲き)の就労支援を行うNPO法人スマイルスタイルが運営する施設、仕事ライブラリー「ハローライフ」が大阪・本町に5/12オープン。

「ハローライフ」では、“しあわせを感じながら働く人を輩出し続ける”をコンセプトに、さまざまな就労支援サービスを展開。施設は3フロア構成で、wi-fi、電源が完備されているので気軽にノマドワークや打ち合わせに利用できる。

1階では、キューブ型のカフェブース「CHASHITSU for worker」が設置されているので、疲れた体を癒すお茶やお菓子を楽しみながら、「働く」「仕事」に関する200冊以上の本や雑誌を自由に読むことができる。

2階の「WORK SUPPORT BOOTH オシゴトサカソ」では、仕事探し中の人向けの情報やサービスを提供。ワークコーディネーター(キャリアカウンセラー・精神保健福祉士など)が常駐しているので、個別の仕事相談はもちろん、仕事・職場体験先紹介などさまざまなサービスを受けることができる。

3階のギャラリースペースでは、「働く」「仕事」に関する企画展示が開催されるほか、多彩なゲストを迎えたトークイベントやワークショップなど一般参加型イベントも定期的に開催。そのほかにもオシゴトサカソが実施する、仕事探し中の人や企業向けの登録会や面談、スキルアップのための各種プログラムなども実施。「働く」「仕事」に関するイベントなどを対象にレンタルスペースとしても利用することが可能。

働いていても何か不安を抱えていたり、転職を考えていたり、求職中の人だったり、あらゆる立場の人が利用できる「ハローライフ」。「働く」や「仕事」を前向きに考えさせてくれるこの施設で、自分の理想の職場を発見しよう!

【関西ウォーカー編集部/近藤智樹】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る