話題作「暗殺教室」キャラグッズ満載の一番くじが発売!

2013年6月18日 10:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

現在、少年ジャンプにて連載中の人気コミック「暗殺教室」。マンガ大賞2013のノミネート作品に選ばれ、全国書店員が選んだおすすめコミック2013では第1位になるなど、多方面で注目を集めている本作が題材の「一番くじ 暗殺教室~くじびきの時間~」(1回500円)が、コミックス最新5巻の発売に合わせて、7月4日(木)より展開することになった。

本作のストーリーは、ある日突然、月の7割方を蒸発させ、次は地球を爆破しようとする謎の超生物・殺せんせーが、椚ヶ丘中学校にやってくるところから始まる。殺せんせーは「来年3月までに自分を殺せなければ地球も爆発させる」と宣言し、なぜか椚ヶ丘中学校3年E組の担任教師を務めることに。人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せない超生物の暗殺を、各国首脳は成功報酬100億円を提示して3年E組の生徒たちに委ねるのだが、果たして彼らは無事に暗殺を遂行できるのだろうか?

そんな本作の、独創的な世界観をイメージした一番くじには、4等級全13種のユニークなアイテムが多数揃っている。それらを順に見ていくと、まずA賞は殺せんせーの丸顔をデザインした、直径約50cmもあるクッションになっている。リバーシブルデザインなので、その日の気分に合わせて好きな方を表にして使ってみてはいかがだろう。

続いてB賞は、同じく殺せんせーをイメージした直径約25cmもあるビッグ缶バッジ風プレート(全4種)、C賞はラバーキーホルダー(全4種)、そしてD賞は殺せんせーがデザインされたクリアファイルと、椚ヶ丘中学校の生徒や教師が描かれたしおりのセット(全4種)となっている。なお、しおりのデザインは潮田渚、赤羽業、茅野カエデ、イリーナ・イェラビッチの4種類なので、ファンならば全バージョンを集めたいところだ。

また、各店舗で最後のくじを引いた人にプレゼントされるラストワン賞には、殺せんせーの全身を象ったラバーマグネットが、くじの半券から応募できるダブルチャンスキャンペーンでは、約35cmのビッグサイズぬいぐるみが抽選で当たるので、購入時はこれらも併せて狙いたいところだ。ハズレなしのキャラクターくじ「一番くじ 暗殺教室~くじびきの時間~」は、7月4日より全国のTSUTAYA、ジャンプショップ、書店などで順次展開。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全19枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る