【写真特集】報道陣が選んだ世界一の美女とは!?世界のミス約70名が来日

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

12月17日(火)、約6年ぶりに東京で2013ミス・インターナショナル世界大会が開催される。それに先駆け、12月9日(月)に品川プリンスホテルで、各国・地域のミスたち約70人がお披露目される記者発表会が開催。報道陣が選んだミス・フォトジェニック賞を受賞したリトアニア美女が挨拶した。

世界3大ビューティページェントの1つである2013ミス・インターナショナル世界大会。同大会は、外見的な美しさを競うだけでなく、国際社会への貢献を目指す世界中のミスたちが“平和と美の親善大使”として集い、互いに交流を深める美の祭典となっている。

9日の記者発表会には、日本代表の高橋有紀子さんをはじめとする約70の国と地域のミスたちが集結。被写体として最も素晴らしいパフォーマンスを発揮したミスに贈られるミス・フォトジェニック賞を、リトアニアのエルマ・セッダヴィシュートさんが受賞し、笑顔を輝かせた。エルマさんは「こんなにカメラに囲まれるのは初めてなので少し緊張しています。以前にも日本に来たことがあるのですが、お台場、浅草、銀座、渋谷が大好きです。今回はしゃぶしゃぶにも行きたい」と答えてくれた。

一方、江戸時代の布を使用したコスチュームで登場した日本代表の高橋有紀子さんは「浴衣、着物、花魁のイメージを覆そうと思ってこの衣装を着用しました。女性らしさを出すために脚を出しています」と衣装についてコメント。「本戦では世界一を目指しています」と、強気にアピールした。

なお、ミスたちは決勝大会までの期間、日本の食や伝統文化の体験、各種交流会の参加を通じ“平和と美の親善大使“として国際交流・親善を図る予定。2013ミス・インターナショナルを選出する決勝大会では、入賞者3人に加えて、ミスたち自らが投票し合い、最も愛すべきミスに贈られるミス・フレンドシップ賞、自国の民族衣装を最も魅力的に披露したミスに贈られるミス・ナショナルコスチューム賞など各賞も選定、発表することになっている。審査員は安倍晋三総理大臣の夫人・昭恵さん、昭和女子大学の坂東眞理子学長らの参加を予定している。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全40枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る