ダイソンから“日本限定”小型掃除機が発売

2009年3月24日 12:19更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

“吸引力の変わらない、ただ1つの掃除機”というインパクトのあるナレーションで、注目を集めた「ダイソン」。長く使っても衰えない吸引力に定評があるダイソンが、4/10に“日本限定”の小型サイクロン掃除機「DC26」を発売する。

新しい掃除機は、本体がA4紙に乗るサイズ。サイクロンの技術はそのままで吸引力も変えず、重さも従来のものより軽くなった。

しかしなぜ“日本限定”で小型掃除機を作ったのだろうか。

同社では新しい掃除機を作る際に、約2年をかけて日本の家庭環境を調査。収納位置や部屋の大きさ、掃除機で掃除しにくい部分などをリサーチしたという。

その結果、同商品はゴミを吸い込むヘッド部分を若干小さくし、今まで掃除しにくかった狭い隙間などに対応できるようにした。また、マウスをなめらかに動かすボールのような「ブイボール」をヘッド近くに設置、壁際やいすのまわりを掃除するときに、より動きがなめらかになるようにした。

値段は付属品によって変わり、7万3800円〜8万7800円を予定。8万3800円だった前機種と値段はそこまで変わらないが、小さくなって機能も変わらないとなれば、お得なこと間違いなしだ。

機能性だけでなく、収納の面からも、主婦に喜ばれること間違いなしの同商品。春から新生活を迎える人も、小さくなったダイソンで新居の掃除をしてみては。【東京ウォーカー/白石知沙】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る