絶好調マクドナルド、“メガ”ホットドッグで朝メニュー強化

2009年4月1日 15:58更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

3/29の全店売上高がなんと26億4千万円と、1日の売上高の過去最高を更新したマクドナルド。スポンサードしたWBCで日本が劇的な優勝を飾り、記念の割引セールを打ち出すなどココのところノリに乗っている感があるが、なんと今度はビッグサイズのホットドッグを発売するという。

その商品は、4/2(木)から発売される「マックホットドッグ メガソーセージ」(320円)。これまでの「マックホットドッグ クラシック」でも人気の高かった、パリっとしてジューシーなあらびきポークソーセージが2 倍のボリュームになる。「クラシック」同様に、胚芽入りのロールパンをスチームし、ケチャップと粒マスタードレリッシュで味付け。さらにボリュームをました商品を投入することで、消費者のメニュー選択の幅を広げる考えだ。

調理前で100グラムあるソーセージが持つ「常識を越えた大きさ」を投入し、ブレックファストメニューをさらに強化する目的で開発されたこの商品。「Beyooooond!200%テイスティ!」をコピーにテレビCM などのキャンペーンも展開されるという。

WBC効果でさらにノリノリのマクドナルドの、“メガ”な新商品をぜひ味わってみては?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る