【京都お花見レポート】円山公園周辺の春スイーツ3「祇園小石」

2009年4月2日 12:03更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

すでにお腹いっぱいですが…3軒目に突入! 京飴専門の老舗で、2階の甘味処では、伝統ある黒糖みつを使用した逸品が楽しめる、「祇園小石」さんにお伺いしました。到着すると、店の外まで続くほどのすごい行列で、取材が続行できるか心配なくらいでした。

なんとか店内に入ると、まず目についたのが、この時季限定の“さくら飴”。サクラの開花宣言と共に販売を開始したという、小粋な商品です。塩漬けにしたサクラの葉入りで、ほんのりピンクの薄い形の飴は、サクラの花びらを思わせます。

もちろん甘味処も、ばっちりチェックしてきました! メニューのなかで気になるのは、やはり限定品。4/30(木)まで限定発売の“春こいしパフェ”を注文♪

パフェの上の方の段には、濃厚な苺アイスや木苺シフォンがたっぷり。それに対して、下の段には、木イチゴゼリーや寒天など、あっさりとした食材が使われています。上から下に食べ進むにつれて、だんだんあっさりとした味に仕上げることで、全部おいしく食べられるようにと考えられているんですね…さすが。もちろん完食です!

※ウォーカープラスの特典あります!このページをプリントアウトして、春こいしパフェを注文した方全員に、飴の粗品をプレゼント(〜4/30木)してくれるとのこと!ラッキー♪

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る