“闇皇”イケメンキャラが妄想ガールを京都案内!?

2014年5月26日 15:17更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ライトノベル「闇の皇太子」の書きおろしマンガが、妄想ガールのためのライフスタイルマガジン「シュシュアリス vol.3」に掲載される。「闇の皇太子」の登場人物がマンガの中で京都旅を案内するという、ファン垂涎の内容だ!

「シュシュ」はフランス語で「お気に入り」、「アリス」はラテン語で「その他」を意味する言葉。「シュシュアリス」は、流行を追うのではなく、自分の好きな“モノ・コト”にとことんハマり抜いた女子のためのライフスタイルマガジンだ。会社では“きちんと系OL”だけど、家に帰れば秘密の趣味に没頭する…。そんな妄想ガール達の半径1メートル以内の幸せ探しを徹底的にサポートしている。

一方、「闇の皇太子」はビーズログ文庫から2008年に発表され、2010年にコミック化を果たした、妄想ガールに絶大な人気を誇るライトノベルのシリーズ作品。突如、闇世界を支配する“闇皇”の後継者に指名された高校生、天神后(こう)が修業を通して成長していくバトルコメディで、登場人物は超美形揃い。后の弟、言(ことい)や、ドSな后の教育係、安倍晴明など、個性豊かなイケメンキャラ達が京都を舞台に大暴れする!2014年8月には完全オリジナルストーリーのドラマCD付き特装版がリリースされることも決まっており、その勢いは衰えることを知らない。

「シュシュアリス vol.3」では、「闇の皇太子」のイラストを手掛ける伊藤明十(あきと)が書きおろしたショートストーリーを掲載。后や晴明をはじめとする“闇皇”キャラたちが京都の開運スポットや絶品スイーツ店を巡る、とっておきの京都案内は必読だ。さらにカラー初出しイラストの待受画像がゲットできる企画もあるので見逃せない。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る