宮崎県産・完熟マンゴー「太陽のタマゴ」を使用した超スペシャルなかき氷に注目!

2014年7月7日 17:41更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪・堺市にあるカステラと和菓子の工房「江久庵」に登場したのは、宮崎県産「太陽のタマゴ」を使ったマンゴーのかき氷(4000円)。「太陽のタマゴ」とは、糖度が15度以上・重さ350g以上・色と形がきれいという厳しい基準を満たした最高級のマンゴー。

まずは、手動の削り機でふわふわに削った氷に、太陽のタマゴを使用した濃厚なソースをたっぷり。その上には果肉が惜しみなくトッピングされ、マンゴーそのものの濃厚な味わいが口いっぱいに広がる。好みで別添の練乳をかけながら味わって。日本庭園を眺められる静かなお茶処で、ほかにはない贅沢なかき氷を堪能しよう♪

ほかにも「江久庵」のおすすめかき氷をチェック!

◆利休の心玉入り 黒蜜きな粉金時 900円(単品)

沖縄・波照間島産黒蜜とたっぷりのきな粉を使ったかき氷。

名物のわらび餅風ゼリー「心玉」(夏季限定)をトッピング

◆宇治抹茶金時 900円(単品)

京都産の宇治抹茶「春」を使用した濃厚な自家製シロップと

北海道産小豆がたっぷり!

◆いちごみるく 900円(単品)

イチゴの旨味を100%引き出した自家製シロップと

優しい味わいの自家製練乳が相性抜群

◆氷わらび(宇治抹茶・ほうじ茶) 750円

一口サイズのあん入りわらび餅が入った小ぶりなかき氷。

香り高い抹茶、香ばしいほうじ茶の上品な味わい。

ソフトクリームなしは550円。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:
特集

ページ上部へ戻る