祝! 研究生全員昇格! NMB48アリーナツアー2015レポート

2015年3月6日 19:55更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

連載「ポッター平井の激推しアイドル!」の番外編として大阪城ホールで行われた「NMB48アリーナツアー2015」2日目レポート!

「NMB48 Arena Tour 2015~遠くにいても~」が、2月3日・4日の2日間、大阪城ホールで開催されました!今回は、2日目の模様をレポートします!

昨日のラストナンバー『青春のラップタイム』でスタートしたアリーナツアー2日目。オープニングのMCでいきなり金子劇場支配人が登場。「研究生からのチーム昇格者を発表します!」とのアナウンスに、1万人のファンから大歓声が湧き起こります。「石田優美、山本チームN!」。泣き崩れる石田。通常、チーム昇格者が発表される場合は1~3人ほど。ところがこの日は、次々と昇格者が発表されていきます。一体どこまで続くのか?気が付けば、12人全員の名前が呼ばれていました。

●チームN→石田優美/山尾梨奈/明石奈津子/城恵理子/西澤瑠莉奈

●チームM→松村芽久未/中野麗来/森田彩花/鵜野みずき

●チームBII→大段舞依/照井穂乃佳/松岡知穂

山本彩は「全員昇格ということで、まずはみんなおめでとう!」と、祝福のコメント。

チームNへの昇格が決定した、身長147cmの小柄な次世代エース候補、「やまりな」こと山尾梨奈は、「ずっと昇格のために一生懸命やってきて、研究生のみんなもそのためにずっと一緒に励まし合いながら、競い合ってやってきたので、今日こうして全員が無事に昇格できて、本当に嬉しくて…。皆さんの支えのおかげです。本当にありがとうございます!」と、その喜びを語りました。

研究生のために作られたオリジナル曲『想像の詩人』を涙ながらに歌った12人。このステージでの歌唱は一生忘れられないことでしょう。

柏木由紀・高柳明音・村重杏奈の兼任メンバーがNMBメンバーの裏話で、会場を爆笑の渦に包むと、『マジジョテッペンブルース』NMBバージョンをサプライズで初披露! メンバーのキャラクターに合わせたセリフの数々に大盛り上がり!

アンコールでは、VTRで『青春のラップタイム』のMVが制作中であることが、メイキング映像とともに発表されました。メンバーにとっても、ファンにとっても思い入れの深いNMB48初のオリジナル曲のMVは、3月31日(火)発売の11thシングル『Don’t look back』に収録されます。

そして、金子支配人が再び登場!「ポスト山田菜々オーディションの合格者を発表します!」。3000通を超える応募者の中から見事グランプリに輝いたのは、植村梓(16歳)。

この日、16歳の誕生日を迎えたという彼女は「皆さん、初めまして。植村梓、16歳です。私はまさかグランプリを獲れるなんて思ってなかったので、まだ実感も自信も何もないんですけど、選ばれた以上、偉大なる山田菜々先輩を追い越せるように頑張りたいと思うので、よろしくお願いします!」と初々しくコメント。自ら書類審査から選考にも参加した山田菜々は「私が一目惚れしました!ビビッと来ました!」。

ラストは、白間美瑠&矢倉楓子がWセンターを務める『らしくない』で締め括り、大阪城ホール2daysのライブは無事に終了しました。

その後、アリーナツアーは愛知県体育館(2月17日、18日)、日本武道館(2月25日、26日)と続き、最終公演では、4月3日(金)にNMB48劇場で卒業公演を行う山田菜々が、4月1日(水)~2日(木)にかけて、松下IMPホールで<24時間耐久ライブ>を行うことが発表されました。

今春もNMB48から目が離せません!

【取材・文=ポッター平井】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る