謎のフォトブース登場!マクドナルドのサプライズとは

2015年3月25日 18:23更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

3月24日、日本マクドナルドは、サプライズイベント「McDonald’s “SMILE PHOTO BOOTH”(マクドナルド スマイルフォトブース)」を、東京都世田谷区の二子玉川ライズにて開催した。

今回のイベントは、マクドナルドのグローバルプロジェクト「imlovinit24」の一環として実施。

“24”という数時に着目し、世界24の都市で24 時間にわたり、「“FUN”な瞬間をお客様と一緒に創出する」ことを目的としたサプライズ企画が行われた。

日本での会場となった二子玉川ライズの広場には、マクドナルドオリジナルの写真撮影を楽しめる、フォトブースを設置。

サプライズの内容は、来場者がブース内で写真の印刷を待っていると、突然受け取り口が開き、「ビッグマックセット」を持ったマクドナルドクルー(店員)が現れるというものだ。

イベント当日は、親子連れやカップル、友人同士のグループなど、約170名の来場者で賑わい、撮影した写真と共に、ビッグマックとマックフライポテトがプレゼントされた。

なお、イベントの内容は国によって異なり、フィリピンでは高速道路の料金所を、マクドナルドのドライブスルーに変更!ブレックファストメニューと高速料金が無料で提供された。

世界に店舗を展開するマクドナルドだからこそなし得た、遊び心満載のイベント。世界中が驚きと笑顔に包まれる1日となった。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る