CMでおなじみ!「昔ばなし」で桃太郎の原点を知ろう

2015年3月28日 07:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

松田翔太が演じる桃太郎、桐谷健太が演じる浦島太郎、濱田岳が演じる金太郎が共演し、軽妙なトークを展開するauのCMシリーズ。

放送が始まるや、3人の絶妙なやり取りが話題になり、年初のCM好感度ランキングでは第1位を獲得。3月からは有村架純が演じるかぐや姫も加わり、ますます目が離せないストーリー展開でお茶の間を楽しませてくれている。

そんな中、これらのキャラクターの原点となる物語が、「ふるさと再生 日本の昔ばなし」で放送されることになった。

「ふるさと再生 日本の昔ばなし」とは、東日本大震災の後、多数のアニメーション作家が集まり、“今の日本のためにできること”を目標に制作されたテレビアニメ。

全国各地に伝わる民話や祭事の由来、神話、伝説、落語など、日本人の根柢にあるさまざまな教訓を、現代の映像技術でアニメ化。柄本明、松金よね子らによる語りも好評を博している人気番組だ。

そんな同番組の3月29日(日)放送回で「桃太郎」「金太郎」「浦島太郎」の3本が、傑作選として放送されることになっている。

特に桃太郎は、小栗旬が出演するペプシネックス ゼロのCMや、関ジャニ∞が出演するハイチュウのCMでも題材になるほどの人気ぶりなので、この機会に原作を見返すことで、新たな発見があるかもしれない。

ちなみにauのCMは、3人の掛け合いの中に、各キャラクターのエピソードにちなんだネタがたっぷり盛り込まれているので、原作を知っておけばさらに楽しめるはずだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る