ミニストップ「クランキーチキン」がうま塩味に進化!

2015年5月22日 16:27更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ミニストップは、ホットスナックコーナーの新商品「クランキーチキン うま塩味」(198円)を5月22日(金)から順次発売を開始、同29日(金)から国内の全店舗で発売する。

2010年3月に、ポテトとチキンの新しいコラボレーションとして発売を開始した「クランキーチキン」はホットスナックの中でフライドポテトと並ぶ人気商品だ。

一口サイズにカットした鶏胸肉を、調味料やポテト粉に漬け込み、その周りに細かく刻んだジャガイモとポテト粉を配合した、特製の衣をつけて揚げている。

好評の「うす塩味」に続いて発売される今回の「うま塩味」では塩味をベースに、タマネギ、セロリなどを加えて、鶏肉の旨みをさらに引き出している。

レジで注文した後、店員さんが店内に併設された厨房で最終加工を行う。このひと手間がおいしさの秘密だ。

一方、フライドポテトの新商品として「ナチュラルカットポテト」(198円)が5月22日(金)から順次、同29日(金)から全店舗で発売される。

アメリカ産のジャガイモを皮つきのまま大きめにカットしているので、ホクホク感を味わえる。チキンと一緒にぜひ、どうぞ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る