福岡の雑貨屋「maze moze」が湯布院に2週間出張

2008年9月9日 20:48更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

10/12(日)〜26(日)の2週間、雑貨ギャラリー「maze moze(マゼモゼ)」(福岡市東区)が湯布院の「torico cafe+gallery(トリコカフェギャラリー)」に出張し、展示会「ミンナノ月」を行う。参加するのはmaze moze専属アーティスト8人で、由布院をイメージした作品を出展するが、今展示用に創るため、いつもと違った作風が楽しめそうだ。なかでもメインは人気作家「9・CUE(キュー)」の絵と、全国で活躍する鹿児島の「tree Pocket(トゥリーポケット)」の木工雑貨。ほかにも、陶芸、ろうそく、フェルト雑貨、ステンドグラス、コラージュが並ぶ。作品は約2000〜50,000円で販売する予定。湯布院にでかけた際には、ちょっと足をのばしてみよう。

【九州ウォーカー/濱崎美紀】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る