神田うの、安藤美姫らが“美のキープ法”を伝授!

2015年7月15日 21:35更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

健康食品などを販売するRAPASは、初の直営路面店となるRAPAS 銀座店(東京都中央区)を、7月14日(火)にオープン。同日行なわれたオープニングセレモニーには、タレントの神田うのとJOYの他、元フィギュアスケート選手の安藤美姫が出席し、テープカットやトークセッションを実施した。

RAPAS 銀座店のオープニングセレモニーに出席した(写真左から)JOY、北村啓子取締役社長、神田うの、安藤美姫

RAPAS 銀座店のオープニングセレモニーに出席した(写真左から)JOY、北村啓子取締役社長、神田うの、安藤美姫

すべての画像を見る(9件)

同セレモニーでは、ゲストが“美をキープする方法”をテーマにトークセッションを展開。神田は、“腸を整えること”を習慣化しているそうで「整腸ブームが来る前から、ヨーグルトや納豆を摂って、整えるようにしていました」とコメント。安藤は「夏でも温かい飲み物や食べ物を摂っています。野菜も温野菜を食べるようにしてから調子が良くなりました」、JOYは「女子っぽいかもしれないけど、朝、スムージーを作って飲んでいます」と、それぞれが体を整える方法を明かした。

また、スキンケア方法については「乾燥は良くないので、顔にパックをしてから、水分が蒸発しないようにラップをしています」と神田。安藤も「プロに転向してから、こういうイベントに出たり、スポーツ系ではない人に会うようになったりして、肌の乾燥を気にするようになりました。私もパックをしています」と話し、神田の“ラップ術”に興味を示していた。

満を持して、スキンケアアイテムも展開!

ちなみに、国内において通信販売を中心に事業展開するRAPASは、主力の健康食品として、天然ゼオライトやハーブ、酵素などを組み合わせたサプリメント「スーパーリパーフェ ララスリム」(税抜6700円~)を販売中だ。

現在、口コミで広がりを見せており、中国でも注目されるようになっている。リピート率約8割と、中国で爆発的な人気を博しており、2015年は前年比400%の売上を見込んでいるという。

“日本の美の集積地”である銀座にオープンしたRAPAS 銀座店は、「トータル・ビューティー・サポート」というコンセプトを体現する店舗を目指す。人気商品「リパーフェ」(税抜3430円~)、「スーパーリパーフェ」シリーズの他、新たに開発したスキンケア化粧品ブランド「ララ リセット」(税抜9000円~)、「シェラード・ベル・ボー」(税抜6500円~)を展開し、スキンケア市場に参入する。

なお、同店1階では、RAPASの健康食品及び化粧品全シリーズをそろえ、商品のテストやカウンセリングを実施。また、中国人観光客のユーザーにワンストップで買い物を楽しんでもらえるようにと、地下には、同社の厳選商品を並べた“美と健康のセレクトショップ”を順次オープン予定だ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る