“夜の動物園”開幕!動物たちの知られざる姿を観察

2015年8月7日 18:32更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

札幌市円山動物園では、毎年人気の「夜の動物園」がスタート。2015年は8月1日~9月19日(土)の毎週土曜と、8月13日(木)・14日(金)に行われる。星空の下、辺りが寝静まったころに活動する夜行性の動物たちの知られざる姿や行動を見ながら、ドキドキワクワクの探検気分を味わおう。

基本的には夜行性のレッサーパンダ。主に笹を主食とするが、リンゴやブドウといった甘い果物が大好き。木登りも上手なので、木の上を歩く姿に注目しよう

基本的には夜行性のレッサーパンダ。主に笹を主食とするが、リンゴやブドウといった甘い果物が大好き。木登りも上手なので、木の上を歩く姿に注目しよう

すべての画像を見る(5件)

会期中は、開園時間が21時まで延長され、“飼育員の夜のガイド”や“動物の食事タイム”などにより、夜行性動物の生態を間近でじっくり観察できる。

光るネイル体験や幻想的なキャンドルアートが体験できる「ガールZOOナイト」や、動物園の秘密の場所に案内される「ミステリーナイト」など、多彩なイベントも実施。

最終日の「夜の動物園FINAL&アフリカゾーンプレイベント」では、オープン間近の新施設「アフリカゾーン」の魅力を伝えるべく、アフリカのジャンベ太鼓の演奏や、アフリカにちなんだアート映像のプロジェクションマッピング、そして新施設の紹介も行われる。

例年、動物園周辺の道路や駐車場が混み合うため、来場の際は公共交通機関の利用がおすすめ。また、園内では、カメラのフラッシュ撮影と懐中電灯の使用はNG。動物たちを驚かせないよう、マナーを守って楽しもう。【北海道ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る