手軽にアナログレコードを楽しめるプロジェクト発足!

2015年8月19日 19:47更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ユニバーサル ミュージックは、エレクトロニクスブランドのamadana(アマダナ)社と協力し、「Amadana Music」プロジェクトをスタートする。

その第一弾として、日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」で、オールインワンレコードプレーヤーの開発を企画。支援金の申し込み受付を8月19日(水)から開始した。

ユニバーサル ミュージックとamadanaが共同でスピーカー内蔵アナログレコードプレーヤーを開発

ユニバーサル ミュージックとamadanaが共同でスピーカー内蔵アナログレコードプレーヤーを開発

すべての画像を見る(3件)

支援金に応じて見返りがあり、オリジナルコンピレーションレコード&Tシャツがもらえる5400円のコース、レコードプレーヤー&コンピレコードセットがもらえる1万6200円のコース(先着100名)などがある。

「Makuake」では、アナログレコードで音楽を楽しんでいた世代はもちろん、デジタルで音楽を楽しむ世代にも、アナログレコードの魅力が手軽に楽しめるよう配慮。アンプとスピーカーが内蔵された「オールインワンタイプ」のレコードプレーヤーの開発に着手する。

【写真を見る】2014年に2300万枚を売り上げるなど、アナログレコード熱が再び高まっている

【写真を見る】2014年に2300万枚を売り上げるなど、アナログレコード熱が再び高まっている

amadanaの代表取締役社長・熊本浩志氏は「オールインワンにこだわったのも、レコードに接するハードルを下げたかったから。レコードは接続や配線がわずらわしい。簡単に、手軽に聴けるものにしたくて、リーズナブルな価格にもこだわりました。インスタントカメラのチェキのような立ち位置のプレーヤーを作りたい!と開発やデザインの担当者には言い続けました」とオールインワンへの思いを話し、「ハードメーカー、ソフトメーカーという枠組みを超えて、アナログの質を体験できるビジネスは、業界の垣根を越えてやりたいと思っている」とも意気込みを語った。

また、ユニバーサル ミュージックでは同企画に合わせ、音楽プロデューサー橋本徹(SUBURBIA)監修による、Free Soulのアナログ盤・名盤20タイトルも11月18日(水)に発売する。

「Amadana Music」はソフト、ハードにこだわらず、音楽にまつわる事業を、展開して行く予定だ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る