世界の絶景をバーチャル旅!東京ミッドタウンでイベント開催

2015年8月25日 15:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月28日(金)から30日(日)まで、東京ミッドタウン B1コートヤードにて、KDDIが主催するスペシャルイベント「Hello, New World. warp cube」が開催される。

LEDディスプレイで囲まれたキューブに入り、世界の絶景を巡るバーチャルツアーへ出発!


イベント会場には、高さ6.05m、幅8.1mの巨大キューブが出現。前面、左右、頭上、足元をLEDディスプレイで囲まれたキューブの内部では、世界の絶景を飛び回る、約10分間の360度バーチャルトリップを楽しめる。

ディスプレイに映し出される映像は、万里の長城(中国)、グレートバリアリーフ(オーストラリア)、レイキャビク(アイスランド)、富士山(日本)などで、参加者が同時にスマートフォンを振り上げると、これらの地域へワープする仕組みだ。

本イベントのために世界各地で撮り下ろした映像は、臨場感あふれる仕上がり!複数のカメラを取り付けたドローンを使用することで、360度広がる絶景を撮影している。また、LED映像の高性能な鮮明さもあいまって、実際にその場にいるかのような体験ができる。

イベントの世界観を表現したスペシャルサイトがオープン。サイト内では新木優子が出演するauのテレビCM「Hello, New World.」編や、イベントのティザームービーが公開されている。9月4日(金)には、サイト上でwarp cubeのバーチャルトリップが体験できるコンテンツも公開予定だ。

今年の夏もそろそろ終盤に。このイベントで世界各地の絶景を楽しんでみてはいかが?最先端の技術を駆使した映像空間で、五感を揺さぶられるような、未体験の感動を味わおう!【東京ウォーカー/PR】

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

ページ上部へ戻る