写真に刺繍! 大注目のアーティスト・清川あさみが福岡で初めての個展

2008年9月16日 10:17更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「生きていないものに、縫うという行為で、命をいれてみたらどうなるか」。こんな創作動機から、フェイクの植物(造花)に刺繍を施し、本物の植物以上の生々しさを与える斬新なスタイルで注目の現代アート作家・清川あさみ。福岡初の個展となる「清川あさみ HAZY DREAM」が、9/20(土)〜10/26(日)、福岡市・天神の三菱地所アルティアム(イムズ8F)にて開催される。

作品の目玉は、本展のために製作した最新作「HAZY DREAM」。初めてのモノクロで、清川あさみの新境地を切り拓く作品との呼び声が高い。また、写真家・荒木経惟とコラボレートした「Dream Time」や、誰もが知っている「人魚姫」の絵をすべて布と糸とビーズで描いた「人魚姫」など、これまでの代表作も楽しめる。

9/20(土)には、清川あさみ本人が来場し、サイン会を実施する。この機会に、平面作品を超えた圧倒的な存在感を放つ作品を観に行こう。

【九州ウォーカー/城リユア】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る