最高のお茶を求める旅!京都で“日本茶ツアー”

2016年1月28日 10:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

星野リゾートが展開する「星のや京都」では、新茶の収穫が始まる5月に、日本三大茶と称される京都の茶処宇治に出向き、この時期にしか味わえない日本茶の魅力にとことん迫るツアーを用意している。

このツアーは、宇治で実際に茶摘体験を楽しみ、茶葉農家と懇親のひとときを持ったり、工場で製茶の過程を実際に見学できる、まさに生で宇治茶の魅力に触れられる、貴重な体験を提供する。

宇治の品評会で最高ランクに格付けされた「寺川茶園」で挑戦する茶摘み体験は、茶葉の美しい青さと新鮮な香りを肌で感じ、茶摘み後には貴重な「水出し碾茶(てんちゃ)」が楽しめる。。

町家風のレストランでは、摘んだばかりの新茶を使ったランチが楽しめ、ランチ後には宇治の老舗「利招園」の利田社長が直々に点てたお茶を味わいながら、日本茶に関する解説や歴史を聞いて知識を深めたい。

製茶工場では、摘んだ茶葉が「お茶」になるまでの工程を聞きながら見学、乾燥させたばかりの碾茶を、葉の状態のまま食べ、お茶そのものの味わいを教えてもらえる。

王朝貴族の清遊地、京都嵐山にたたずむ水辺の非日常空間「星のや京都」が提供する、雅な時間をぜひ体験してみたい。【関西ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る