ユニバーサル・クールジャパンで“巨人”の恐怖を体感

2016年2月7日 12:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6月26日(日)まで、「ユニバーサル・クールジャパン2016」を開催している。これは、日本が世界に誇るエンターテイメントが集結したイベントだ。

きゃりーぱみゅぱみゅのポップでかわいい世界感を疾走する世界最新鋭XRライドや、調査兵団の一員となって“巨人”に挑む「進撃の巨人・ザ・リアル 4-D」など、リアルな世界が体感できる5つのアトラクションの魅力に迫る!

「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」


「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」きゃりーゴーグルを付けて、きゃりーぱみゅみゅの世界へ!(写真提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)(C)ASOBISYSTEM


同パークの特命大使に就任した、きゃりーぱみゅぱみゅ。彼女の“KAWAII”世界観を360度楽しめる、世界初・世界最新鋭のライドアトラクションが登場!“きゃりーゴーグル”を装着すると、360度どこを見渡しても、きゃりーの世界にすっぽり包まれ、ありえない高さから落下することも……。アトラクションのために書き下ろされた楽曲が流れるなか、次から次へと予測不能に駆け巡る疾走感と重力感で他にはない体験が楽しめる!ポップでかわいいだけでなく、本格的な絶叫アトラクションだ。

「進撃の巨人・ザ・リアル 2」


「進撃の巨人・ザ・リアル2」初開催の4-Dショーアトラクションも!(写真提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


今回が初開催となる「進撃の巨人・ザ・リアル 4-D」は、調査兵団の一員となってミカサやアルミンたちと一緒に“女型の巨人”に挑む4-Dショーアトラクション。立体起動装置で建物の間を飛び回る爽快感が楽しめる他、圧倒的なスケールで巨人の恐怖を味わうことができる。他にも、エリア内には“壁の巨人”や“クロノイド”など、「進撃の巨人」の世界が隅々まで広がっている。

「バイオハザード・ザ・エスケープ2」


「バイオハザード・ザ・エスケープ 2」ゾンビと時間との戦い!(写真提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


2015年にゲストの満足度が驚異の98%を記録した「バイオハザード」×「リアル脱出ゲーム」のコラボ第2弾。製薬会社の研究棟で生物兵器や大量のゾンビに追い詰められながら、エリア内にちりばめられた謎を解いて脱出を試みるアトラクション。60分の制限時間が近づくにつれて、ゾンビの恐怖と戦いながら、仲間とともに無事に脱出できるかチャレンジしてみよう。

「エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D:2.0」


「エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D:2.0」エヴァを操縦する目線が楽しめる!(写真提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)(C)カラー


エヴァンゲリオン4号機を操縦する目線で、使徒との壮絶な死闘に挑む完全オリジナル映像のエヴァ4-Dアトラクション。「エヴァンゲリオン」シリーズでメカニックデザイナーを担当している山下いくと氏が、このために4号機の設定を追加しているところもポイント。ファンには堪らない“エントリープラグ”に乗り込んで、新兵器“ラピッドボーラー”を装備した4号機を操るのはあなた自身だ!

「モンスターハンター・ザ・リアル」


「モンスターハンター・ザ・リアル」等身大モンスターがゲストを容赦なく攻撃!(写真提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


“二つ名持ち”モンスター「黒炎王リオレウス」と「金雷公ジンオウガ」が、ゲストに攻撃をしかけるゲームの世界観に没入する体験ができる。「黒炎王リオレウス」が口から発射する“爆炎ブレス”の攻撃は、思わず顔を背けてしまうほどの迫力だ!目が青くなるのが“爆炎ブレス”の合図なので、攻撃される前に回避しよう。ほかにも「金雷公ジンオウガ」の雷撃もある。「ディノバルド」に乗り制圧できる“乗り”フォトも注目だ。等身大モンスターの迫力を痛感しよう!

【関西ウォーカー】

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

ページ上部へ戻る