HIROもMAKIDAIも!EXILEの武将フィギュアって?

2012年7月6日 00:30更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

7月末から順次発売となる、人気グループ「EXILE」をモデルにしたアニメ作品「エグザムライ 戦国」の、フィギュアがスゴいことになっている。
フィギュアは2パターンで、「リアルフィギュア」(5040円)と、「デフォルメフィギュア」(1890円)。ともに、7月より1キャラクターずつ、月に1回の割合で発売されるのだが、この“リアリティ”と“キュートっぷり”がすごいのだ。
第一弾となる、無類の強さを誇るサムライ「HIRO」の「リアルフィギュア」では、彼の猛々しい姿がリアルに表現されているが、「デフォルメフィギュア」では、「HIRO」のイメージを崩さない程度に、かわいらしさも加わったデザインになっており、ちょっと武骨な表情も、高さ約10cmのフィギュアで見ると、なんともユニークなのだ。
第二弾となる、槍の達人「MAKIDAI」の“リアル”は、クレバーさが伝わるカッコいい仕上がりで、“デフォルメ”は、髪のとんがり具合が際立ってちょっとユーモラス…。「エグザムライ 戦国」のキャラクター原案が、「クローズ」シリーズや「ドロップ」などの作者・高橋ヒロシなだけあって、EXILEメンバーの個性もふんだんに表現されているのも魅力のひとつだ。
実は、5月よりWeb上で、先行受注を受け付けており、予約も順調に数を伸ばしているのだとか。「HIRO」、「MAKIDAI」の先行受注は終了したが、9月発売予定の「USA」もまもなく、先行受付を始めるというので、ファンはダイブのHPを要チェックだ。「USA」以降、誰が発売になるかはまだ未定だが、7キャラクター全て展開予定とのことなので、ファン垂涎のアイテムになるのは間違いなさそう。
ちなみに、「リアルフィギュア」の高さは約22cmで部屋に飾るインテリアにちょうどよく、「デフォルメフィギュア」が約10cmなので、デスク周りに並べるのもかわいいかも。月に1体ずつ増える「エグザムライ 戦国」フィギュアだが、その他、雑貨商品も発売中なので、「エグザムライ 戦国」ワールドが完成されていく楽しさを味わってみては? 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全12枚)

キーワード

ページ上部へ戻る