横綱・白鵬関も参加!奈良県葛城市内3か所で相撲を丸ごと楽しめるイベントが2月28日(日)に同時開催

2016年2月9日 19:53更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

相撲の発祥に深いゆかりがあると言われる奈良県葛城市。その市内3か所の会場で、「相撲サミット2016 in 葛城」というイベントが2月28日(日)に開催される。

同イベントでは、「相撲サミット」、「どすこい!すもう祭り」、「ごっちゃんです!相撲マルシェ」の3イベントを同時開催する。

「相撲サミット」はなんと、現役最強の横綱と評される白鵬関が登場!葛城市相撲館「けはや座」名誉館長である河内家菊水丸氏と対談を行う。また、元力士によるおもしろ相撲講座や、現役力士による初っ切り、握手会や写真撮影会、モンゴル音楽の演奏、ほかに基調講演やパネルディスカッションも開催される。サミットの最後には、広域連携市町村長による相撲観光共同宣言も予定。力士との触れ合いから、貴重な相撲談義まで、相撲に関する魅力を幅広く楽しめるイベントだ。新庄文化会館「マルベリーホール」(同市南藤井)での開催。

葛城市相撲館「けはや座」(同市當麻)で行われる「どすこい!すもう祭り」では、現役力士が相撲の禁じ手を、面白おかしくコントのように紹介する“初っ切り”を披露するほか、相撲講座や関取による握手会、さらに相撲甚句の披露など、盛りだくさんの内容となっている。

「ごっちゃんです!相撲マルシェ」は屋敷山公園(同市南藤井)で開催。白鵬関が所属する宮城野部屋の現役力士が作る本格ちゃんこの販売や、地場産品など多彩なグルメブースに加え、子供が思いっきりはしゃげる力士型大型エア遊具も設置される。さらにモンゴルの伝統的な移動式住居・ゲルやモンゴルグルメが楽しめるモンゴルブースもあり、子供から大人まで十分に楽しめるイベントになっている。

葛城市ならではの充実したラインナップで、日本の国技である相撲をたっぷりと楽しめるこのイベント。入場も無料となっているので、この機会に足を運んでみよう!

【文=関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る