お好み焼き、牡蠣、牛焼き…三軒茶屋で食す広島グルメ

2016年2月15日 07:00更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2月20日(土)と21日(日) 、三軒茶屋ふれあい広場で「ぐるり瀬戸内コラボフェスタ『広島ざんまいグルメ楽市』」を開催。

広島グルメ定番の「お好み焼き」も


お好み焼きや銘菓も


14年にスタートした「ぐるり瀬戸内コラボフェスタ」。これまでに岡山編、山口編などが催され、1日平均5000人超の集客を誇る人気イベントだ。今注目されている「瀬戸内県」の商品を三軒茶屋商店街加盟店が取り上げることで、商店街の活性化を目指す。

広島県の和菓子の老舗やまだ屋の「もみじ饅頭」などの銘菓も並ぶ


広島名物のオタフクソースを使用した「お好み焼き」や、広島県産の牛肉を炭火で焼き上げ、こだわりのスパイスとポン酢で食べる「牛焼き」、今が旬の牡蠣の蒸し焼きなどのご当地グルメを味わえる。さらに、麺類や地酒、菓子類なども出展され、広島の素晴らしさを紹介する。そのほか、物産展の「人気商品詰め合わせセット」が当たる「じゃんけん大会」も各日3回行われる。

名物企画の「三茶そぞろ歩き」には、人気モデルの甲斐琴珠さんや世田谷区商店街連合会のキャラクター「が~やん」が登場(過去開催の様子)


「お好み焼き、牡蠣料理、もみじ饅頭など広島を代表する名産品から、地酒、B級グルメまで、広島からお届けする冬の味覚を、たっぷりとご堪能ください。そして、目玉となるのが『三茶そぞろ歩き』企画です。宮島観光親善大使の高橋裕子さん、人気モデルの甲斐琴珠さん、三茶をPRする三茶ガールズ、さらに、三茶と広島のゆるキャラといった大所帯が、三軒茶屋のメインストリート・茶沢通りを練り歩く様子は必見です!このほか、間慎太郎さんによる音楽LIVEや、マフラー作りのワークショップなど、楽しいイベントをたくさんご用意していますので、ぜひご来場ください」(ぐるり瀬戸内コラボフェスタ『広島ざんまいグルメ楽市』広報担当エイブルスタディの来田千明さん)。

三軒茶屋を散策がてら、広島の“旨いもの市”に立ち寄ってみよう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る