全高1m! “1/80スケール”のエヴァ初号機が登場

2013年2月17日 21:06更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

エヴァの公式グッズにマニアも衝撃のグッズがデビューした。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」からエヴァンゲリオン初号機を約1/80スケールにて完全立体化した、全高1m(!)の巨大フィギュア「1メートル エヴァンゲリオン初号機」(15万5400円)だ。
これはガイナックス×メディコム・トイ×電撃ホビーマガジンのコラボレーションにより、細部まで精巧に作られた“公式フィギュア”。開発に費やした期間は、なんと約3年というから、そのこだわりようもハンパじゃない。
例えば、転倒や歪みを防止するため、下半身から胴体にかけては金属製フレームを内蔵。 エヴァ本体のベースマテリアルには硬質ソフビを使用し、頭部ツノや肩にはABSを用いて形状をシャープに再現している。頭部本体はヘルメットの上と中央、そしてアゴの3パーツで構成するなど、すべてを言い尽くせないほどの凝りようなのだ。本体の立体感や表裏で塗り分けられた塗装など、15万5400円という価格も納得の出来栄え。
購入方法はメディコム・トイ(http://www.medicomtoy.co.jp)、エヴァンゲリオンストア(http://www.evastore.jp)のウェブサイトでご確認を。8/23(日)23:59までの受注販売のみで、商品発送は12月予定とのこと。
プログレッシブナイフを手に、今にも動き出しそうなほどリアルなエヴァをぜひ自分の目で確かめよう。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

ページ上部へ戻る