8年ぶりにリニューアル!進化した「人生ゲーム」

2016年3月24日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

タカラトミーは、1968年から発売しているロングセラー盤ゲーム「人生ゲーム」の歴代7代目にあたる新フラッグシップモデル(税抜3980円)を、4月2日(土)から全国の玩具専門店、百貨店、量販店またはオンラインショップにて発売する。

8年ぶり、歴代7代目にあたる新フラッグシップモデル「人生ゲーム」(税抜3980円)

すべての画像を見る(4件)

「人生ゲーム」はルーレットを回してマス目を進み、就職、結婚や出産、家の購入など人生のさまざまなイベントを経て億万長者を目指す盤ゲーム。今回でシリーズ59作目となり、累計1300万個以上を販売している。

8年ぶりに全面リニューアルした今作は、近年の多様な価値観を背景にこれまでよりも人生の岐路で選択肢を増やし、4つの追加エリアを組み合わせることで16通りの盤面が楽しめる装いになっている。

片付けやすさ、遊びやすさを考慮しているので、子どもでも安心して遊べる

時代に合わせて「ロボットクリエイター」や「ブランド農家」「売れっ子声優」などの職業を追加。さらには「ネットカフェでまったり」「増税前にまとめ買い」「人工知能で資産運用」などのユニークなマス目コピーも登場する。

【写真を見る】実際に空港を使ってリアル人生ゲームを実施した動画「人生に驚きと歓びを」はyoutubeにて配信中

また、新発売を記念して「人生ゲーム」のマス目をリアルに体験できるオープンキャンペーンも実施。1月5日の公開からわずか2週間で再生回数1000万回を突破したWEB動画「空港で人生ゲームやってみた」の特設サイト上でルーレットを回し当選すると、マス目上に書かれた内容に付随した景品が贈られる。「美味しい寿司をたらふく食べた」のマスに止まると、全国すし券10万円分が貰えるなどユニークな内容だ。応募期間は4月11日(月)から5月31日(火)までを予定。

他にも、商店街を舞台とした「まちあそび人生ゲーム」や、愛知県の明治村内を人生ゲームの盤面に見立てた「明治村版リアル人生ゲーム」など地域を繋ぐさまざまなリアル体験の施策を展開している。

発売以来、日本中の家庭で楽しまれ、愛されてきた「人生ゲーム」。家族や友人、職場仲間とともに新生活を人生ゲームで始めてみては。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る