家族も持田香織も笑顔「フォルクスワーゲンデイ」開催される

2016年5月23日 19:36更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

フォルクスワーゲングループジャパンは、5月21日と22日の二日間、お台場特設会場(東京都江東区)にて、体験型イベント「Volkswagen Day 2016」(フォルクスワーゲン デイ 2016)を開催した。

会場にはフォルクスワーゲンの車両がズラリ!


このイベントでは、見るだけでなく、実際に体験して、フォルクスワーゲンを身近に感じることを目的に、現在販売しているほぼ全ての車両の展示する他、試乗も可能。どの車種にも長蛇の列ができ、大盛況であった。

免許は持っているけれど、普段あまり運転しない方に向けたドライビングセミナーや、オーナー向けのクリニックも行われ、ご主人とともに来場した主婦が、真剣な面持ちで、実際に運転しながらレクチャーを受けていた。

プロドライバーの助手席で、迫力のパワースライド体験!


さらに、Golfの最上スポーツモデル「Golf R」を用いて、D1やSuperGTなどといったレースに参加しているレーシングドライバーの助手席で、ドリフト走行を体験できるコーナーでは、体験後、皆興奮した面持ちで車両から降りる姿が印象的。足をふらつかせる方までいた。

このイベントでは、子供も楽しめるイベントも多数用意。ビートルの形をしたトランポリン、ビートルに好きなイラストを描くコーナー、そして、Passat Variantに荷物をどれだけ積み込みできるか、フォルクスワーゲンのメカニック体験などといったブースでは、子供達が満面の笑みで思い思いに楽しんでいた。

飲食コーナーも充実。フォルクスワーゲングループジャパン豊橋本社の社員食堂で実際に提供されているという「カリーヴルスト」は、人気の一品であった。

500台のみの限定車「ザ・ビートル・デューン」


当日は、「ゴルフ GTI」の性能をさらに高めた限定モデル「ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション」と、「ザ・ビートル」の特別限定車「ザ・ビートル・デューン」を発表。試乗はできないものの、実際に触れて感触を確かめる方が後を絶たなかった。

【写真を見る】音楽とワーゲンの話に花が咲くピストン西沢(左)と持田香織(右)


会期中の22日11時には、Every Little Thingの持田香織がステージに登壇。MCであるピストン西沢と、今夏予定しているライブをはじめとする音楽活動と、愛車について語った。ステージ上で持田は「免許取得して、すぐに今も乗っているフォルクスワーゲンを買いました。もう20年近く乗っています。新しい車を試乗すると、いいなぁ、と思うのですが、自分の車に戻ると、愛着がありますし、スタイリングが可愛いので手放せません」と、笑顔で語った。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る