無料提供イベントも!高級焼肉店×エバラの絶品“肉ごはん”

2016年8月17日 15:20更新

東京ウォーカー 水梨かおる

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

8月29日(月)の“焼肉の日”に合わせて、高級焼肉店「焼肉 KINTAN」とエバラ食品がコラボレーションしたスペシャルランチメニュー3品が、8月17日(水)から31日(水)まで、「焼肉 KINTAN」各店にて提供される(メニューにより提供店舗が異なる)。

「黄金の味」を使用!味も見た目も大満足のスペシャルランチが登場

「黄金の味」を使用!味も見た目も大満足のスペシャルランチが登場

すべての画像を見る(10件)

期間中登場するメニューは、「黄金の味」を使用した、オリジナリティに富んだ肉料理。味はもちろんのこと、見た目の美しさにもこだわったKINTANならではのクオリティでありながら、家庭でも再現可能なレシピで仕上げている。そこで今回は、表参道焼肉 KINTANへお邪魔し、記者がコラボメニューを実食してみた。

「黄金の和牛焼肉ライスケーキ」(1500円)

【写真を見る】真上から見ると、ライスケーキの上に花が咲いているかのよう!「黄金の和牛焼肉ライスケーキ」(1500円)

【写真を見る】真上から見ると、ライスケーキの上に花が咲いているかのよう!「黄金の和牛焼肉ライスケーキ」(1500円)

まずは今回の目玉とも言える、華やかな焼肉ライスケーキをご紹介!「黄金の味」を加えたガーリックライスの上に牛肉を乗せ、卵黄や万願寺とうがらしをあしらった一品だ。ライスケーキの周囲には、「黄金の味」を使用した濃厚なゴマソースがたっぷりかけられている。

「普通の丼ぶりものではなく、華やかで見た目が良く、写真に撮ってSNSにアップしたくなる料理で、KINTANらしさを追求しました」と話すのは、同店を運営する株式会社カルネヴァーレ 代表取締役社長の鳴坂 竜一氏。

卵黄の黄色と万願寺とうがらしの緑色が実に色鮮やかで、金箔のトッピングが高級感を醸し出している。記者も料理が運ばれてきた瞬間、思わず笑顔になってしまった。崩すのがもったいないほどのビジュアルだが、勇気を出してスプーンを入れ、パクリ!すると、ゴマソースのコクとガーリックの風味が口の中で絡み合い、またもや自然と笑みがこぼれてしまう。「黄金の味とKINTANの上質な和牛、独創性あふれるアイディアで、肉の日に向けてガッツリと食べていただける一品に仕上げています」と鳴坂氏。

トロトロの卵黄が濃厚ゴマソースと牛肉に絡み、えも言われぬおいしさ

トロトロの卵黄が濃厚ゴマソースと牛肉に絡み、えも言われぬおいしさ

全体的に濃いめの味付けでパンチが効いているが、卵黄のまろやかさに加え、ライスの中に入っている枝豆とコーンの甘味が生きているためか、しつこさは感じられない。まさに箸が止まらなくなるおいしさだ。絶妙な火入れ加減の和牛もとろけるような味わいで、この日はお尻の部分にあたるランプを使用。日によって肉の種類は異なるそうだが、「黄金の味」と相性の良い、和牛の赤身肉を中心にチョイスするということだ。

なお、8月29日(月)の“焼肉の日”当日は、表参道焼肉 KINTANにて、この焼肉ライスケーキを先着290名に無料で提供するイベントも実施。またとない太っ腹企画をお見逃しなく!

「黄金の和牛ローストもも肉ごはん」(1200円)

とろけるような味わいのローストビーフの上には、色鮮やかなパクチーが

とろけるような味わいのローストビーフの上には、色鮮やかなパクチーが

次は3品の中で最も複雑なハーモニーを楽しめる、贅沢な“肉ごはん”をピックアップ。味の決め手となるのは、一見卵白のように見える、白いソース。実はこちら、ジャガイモとヨーグルト、柚子胡椒で作る「マッシュソース」なのだ。すっきりとした酸味と上品な香り、程よい辛味が重なり合う、洗練された味わいにすっかり魅了されてしまった。「黄金の味」が持つフルーティーなコクと、旨味がたっぷり詰まった和牛ローストビーフの相性も抜群。時折アクセントを加えるのは、ローストビーフの上にトッピングされたパクチーだ。

さまざまな風味と食感が口の中で混ざり合い、新感覚のおいしさを堪能できた。記者の個人的な感想としては、3品の中ではこれが1番のお気に入り!普通のローストビーフ丼は食べ飽きたという人にこそ、ぜひ試してほしい。

「黄金の焼き牛丼カプレーゼ風」(1000円)

モッツァレラチーズとトマトがたっぷり!黒コショウがアクセントを加える

モッツァレラチーズとトマトがたっぷり!黒コショウがアクセントを加える

最後に紹介するのは、夏にぴったりのおしゃれな牛丼!家庭でも手軽に作ることができるメニューとして考案されており、「黄金の味」で炒めた牛カルビ肉に、オリーブオイルで和えたトマトとモッツァレラチーズ、レタスなどを合わせ、ごはんに乗せただけというシンプルな一品だ。だが、作り方は簡単でも、味と彩りはKINTANらしさを感じさせるものがある。

「黄金のタレが持つ力強さを野菜の水分が調和し、バランスの良い味になっています」と鳴坂氏。トマトやレタスがたっぷり入り、暑い日でもペロリと食べられるさっぱりとした味わいでありながら、牛カルビ肉は旨味たっぷりで満足度抜群!モッツァレラチーズのモチモチとした食感も楽しく、女性好みの牛丼に仕上がっている。

これら3品のコラボメニューすべてに、お替わり自由のスープとサラダに加え、デザートが付くのも嬉しいポイント!「黄金の和牛焼肉ライスケーキ」は「焼肉KINTAN」7店舗で、「黄金の和牛ローストもも肉ごはん」と「黄金の焼き牛丼カプレーゼ風」は、「表参道焼肉 KINTAN」と「原宿焼肉 KINTAN」の2店舗で提供される。

今回紹介した料理のレシピは、Webサイト「黄金カレンダー」にて掲載中。お店と自宅の両方で“黄金の肉ごはん”を味わって、夏を乗り切るスタミナをチャージしよう!【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る