西日本初登場!台湾カフェ「春水堂」が天神にオープン

2016年8月18日 15:15更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)」が、天神地下街(福岡市中央区)に西日本初となる店舗を9月16日(金)にオープンする。

タピオカミルクティー」をはじめ、こだわりのドリンクと台湾フードが勢ぞろい!


同店は創業33年、台湾で国民的人気を誇るお茶専門カフェ。台湾全土で45店舗を展開し、2013年には東京・代官山へ海外初出店を果たし、現在は首都圏に5店舗を構える人気ぶりだ。「タピオカミルクティー」をはじめ、ヘルシーなオリジナルドリンクやスイーツが話題を集め、東京で“台湾スイーツブーム”を巻き起こした。

【写真を見る】台湾の伝統的スイーツ「豆花(トウファ)」。豆乳プリンやタピオカ、小豆、フルーツが入ってヘルシー


看板メニューの「タピオカミルクティー」は、香り高いお茶とモチモチのフレッシュなタピオカの食感のハーモニーが絶妙な一品。その他、「鉄観音ラテ」や「愛玉ジャスミンレモンティー」など30種以上のドリンクをそろえる。お茶やタピオカ、シロップはすべて無添加・香料不使用で、ドリンクは認定を受けた「お茶マイスター」が作ってくれる。また、ローカルフードの「牛肉麵」など8種の台湾ヌードルや、台湾スイーツの「豆花(トウファ)」なども用意。こだわりのドリンクとともに食事やスイーツを楽しめる。

木や石などの素材をふんだんに使用したアジアンモダンなインテリア。テイクアウト専用コーナーも設ける


待望の西日本初出店となる天神地下街店は、ドリンクのテイクアウト専用カウンターを設け、店内で待つことなく気軽に購入することもできる。アジアンモダンな店内でゆっくり過ごしたり、テイクアウトで気軽に楽しんだりと、シチュエーションに合わせて本場の味を楽しもう!【福岡ウォーカー】

秋武宏美

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る