険しいサバイバルのW杯予選!日本代表の吉田麻也「内容どうこうよりも勝ち点3」

2016年10月5日 19:54更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第3戦が、10月6日(木)に行われる。
6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、ホームでイラク代表と対戦。5日(水)に、試合会場の埼玉スタジアム2002で前日練習を行った。

前日練習をこなす吉田麻也選手ら
すべての画像を見る(3件)

9月に行われた最終予選2試合を1勝1敗で消化し、現在はグループBで3位の日本代表。今予選でのホーム初勝利がかかる一戦を控え、吉田麻也選手は練習後に「1敗している分、プレッシャーはいつも以上にあると思う」と語った。
一方で、「ホームでの代表戦はどの試合も当たり前ですけれど、勝つつもりでいます」とコメント。「明日もゲームへのアプローチは変わらないですし、状態も(普段と)変わらないです」と平常心を強調した。
イラク代表については、「相手も2敗しているので、もう負けらない状況だろうし、国の情勢もあって、様々なものを背負って戦うと思う」と言及。「技術的なところはもちろん大事ですけれど、メンタル的な部分でもしっかり準備してやらないといけない。内容どうこうというよりも、まず勝ち点3を取ることが大事になってくる」と、必勝を誓った。
本大会への出場権が与えられるのはグループ上位2カ国で、W杯をかけた争いは、まさにサバイバル。世界に挑む日本代表の戦いぶりを見届けよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】
コタニ

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る