GORILLA COFFEE“スプーンで食べるマフィン”に秋味!

2016年10月19日 15:53更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ブルックリン発のコーヒーショップ「GORILLA COFFEE(ゴリラコーヒー)」は、秋の味覚を使った限定スイーツを、10月7日より発売中だ。

特製マフィン「ジャーインブレッド」の限定フレーバー、「ジャーインブレッド スウィートポテト」(460円)が登場
すべての画像を見る(2件)

「GORILLA COFFEE」は、“力強くインパクトのあるコーヒー”をコンセプトに2002年にNYのブルックリンで創業。コーヒーは、オーナーが直接生産地で買い付けるフレッシュで個性的な豆をミディアムローストし、独自の焙煎により力強い味わいに仕上げるのが特徴だ。
そんな同店ではこの秋、スプーンで食べるデザート感覚の特製マフィン「ジャーインブレッド」の限定フレーバー、「ジャーインブレッド スウィートポテト」(460円)を発売。しっとり柔らかく焼き上げたマフィンに、濃厚な紫イモのクリームをたっぷりと絞り、ハロウィンをイメージしたミステリアスな見た目に仕上げている。
ココアのクッキーと秋らしい渋皮栗のトッピング、生地に忍ばせた酸味のあるグリオットチェリーがポイントのこのマフィン。甘い生地と酸味のあるクリームのマッチングを、おいしいコーヒーと共に堪能してほしい。【ウォーカープラス編集部/Raira】
Raira

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る