スターバックスに新型店!コーヒーの焙煎過程が見られる

2016年10月21日 11:54更新

東京ウォーカー コタニ

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は10月20日(木)に、国内初となる「スターバックス リザーブ ロースタリー」を、2018年に東京の中目黒で展開することを発表した。

2018年にオープンする「スターバックス リザーブ ロースタリー」

2018年にオープンする「スターバックス リザーブ ロースタリー」

すべての画像を見る(2件)

同店は、世界的建築家であり、東京大学隈研究室を立ち上げた隈研吾氏とのコラボレーションにより設計。1200平方メートルの敷地面積で、世界中から調達した個性的なコーヒーの焙煎と抽出、生豆が運ばれてくるところを見ることができる。

また、イタリア料理で有名なロッコ・プリンチ氏が監修した焼きたてのフードやパンも取り扱う予定となっている。

ロースタリー1号店は、2014年にアメリカのシアトルでオープン。中目黒の店舗は、2017年の上海、2018年のニューヨークに続き、世界で4店舗目となる。

スターバックスの日本展開は今年で20周年。2018年には、新しいスターバックスが体験できそうだ。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る