回転寿司チェーンが掟破りの牛丼販売!「牛丼を超えた、『牛丼』」

2016年11月4日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

回転寿司チェーン「無添くら寿司」は、新商品「牛丼を超えた、『牛丼』」を11月4日(金)から販売開始する。

大手回転寿司チェーンが作る「牛丼を超えた、『牛丼』」(税抜370円)


「牛丼を超えた、『牛丼』」は、味の決め手となる特製ダレとして、「醤油」「砂糖」「みりん」「酒」に加え、くら寿司ならではの「7種類の魚介だし」を使用。牛肉は「最も牛丼にあう」とされる、赤身と脂身のバランスが絶妙な部位、玉ねぎは厳選した国産のものを使う。調理方法も全ての食材を同時に煮込まない独自製法を採用。最初に玉ねぎの甘味や旨みを出し、食感が無くならない程度に特製だれで煮込んだ後取り出し、次に牛肉を固くならないよう火を通し、最後に合わせる。この手間で、肉の旨みと玉ねぎの甘味が一体となり、特製ダレが染み渡る「本格牛丼」に仕上がるのだ。

寿司店が本気で作った牛丼。強気のネーミングも非常に気になる!ぜひ自分の舌でその味を確かめてほしい。【ウォーカープラス/伊藤聡史】

伊藤聡史

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る