あの“カーネル像”が「水都大阪」に出現!紛失したメガネの贈呈も

2009年9月11日 17:44更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1985年、阪神タイガースのリーグ優勝時に狂気したファンが「ケンタッキー」のカーネル・サンダース像を道頓堀川に投げ込んで24年。今年3月に道頓堀川から無事「救出」されたニュースは全国で話題になったが、なんと現在大阪・中之島で開催中(〜10/12(祝))の「水都大阪2009」会場に、「応援」に駆けつけることが判明した。

復活・カーネルさん(通称:おかえり!カーネル)に会えるのは、大阪市中央公会堂。眼鏡生産の盛んな福井県鯖江市の牧野百男市長から、24年前の紛失時と同じ「メガネ」を贈呈されるそうで、展示期間中は新品のメガネをかけたカーネルさんといっしょに記念撮影も! 9/19(土)〜23(祝)までの5連休限定展示ということで、かなりの反響が予想される。※9/19(土)は16:00〜17:00、20(日)〜23(祝)は10:00〜17:00

特にクライマックスシリーズの逆転優勝に向け、怒涛の追い上げを見せる阪神タイガースのファンにとっては、「神」とも呼ばれるカーネルさん。ぜひこの連休は、阪神タイガースの優勝を祈願しに、カーネルさんに会いに行こう!

【関西ウォーカー編集部・薮 伸太郎】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る