小2が監修!?“まえだまえだ弟”選曲のコンピCDって?

2009年10月7日 14:34更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

実の兄弟の息の合った漫才とかわいいキャラで大人気の小学生お笑いコンビ「まえだまえだ」。なんと10/7(水)、弟の前田旺志郎くんが選曲・監修したJ-POPコンピCDが発売となった。小学2年生が選曲したCDっていったい…?

若干8歳の旺志郎くんが監修した「きみのミカタ-歩み続けるきみへ-」(2300円/ユニバーサルミュージック)は、“前向きで元気が出る楽曲”をコンセプトにしたコンピCD。そのため、“元気がもらえて、明日への輝きに満ち溢れているキャラ”として旺志郎くんに白羽の矢が立ったというワケ。“ちゃんと選曲してるの?”“小学生にJ-POPの何がわかる?”などの声が聞こえそうだが、そこは周囲のオトナがしっかりとサポートしたようだ。

実は当初、旺志郎くんはジャケットに登場するイメージキャラクターとしての登場のみの予定だったが、撮影の打ち合わせでJ-POPの曲を意外と知っていることがわかり、制作サイドが思い切って彼に選曲を依頼したのだそう。その後、好きな曲やアーティストをリサーチし、彼の好みに合いそうな関連アーティストなどの約100の楽曲をスタッフがピックアップ。それを1曲ずつ旺志郎くんが聴き、「これ好き!これ好きじゃない!これ知らない!」と、どんどん曲を絞り込んでいったのだ。若干8歳ながらも、しっかりと“仕事”をしているのには脱帽(?)だ。

ちなみに旺志郎くんからまず挙がってきた好きな曲やアーティストは、小学生らしくテレビやアニメ主題歌、CMソングが中心だったというほほ笑ましいエピソードも。収録曲は、そんな彼の好みが色濃く反映された、アニメ「ONE PIECE」(フジ系)主題歌の東方神起『Share The World』やドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)主題歌のD-51『NO MORE CRY』、好きなGReeeeNや番組で共演したキマグレンの曲など全16曲。

ジャケット撮影ではマントを着用し、ヒーローになりきって積極的にポーズを決めたという旺志郎くん。彼のキュートなキャラとアーティストの曲で、元気付けられそうな一枚に注目だ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る