食いだおれの街、大阪・なんばで食べたい肉バル&ホルモン酒場7選!

2017年1月7日 7:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

食いだおれの街、大阪・なんばでは、多彩な料理を熱々の鉄板で提供する豪快な肉バルをはじめ、人気ハンバーガー店の斬新なステーキなど、個性派の肉バルが続々と登場している!そこで、編集部が厳選した、なんばで食べたい、おすすめの肉バルと話題のホルモン酒場を一挙に紹介!

鉄板で豪快に焼き上げる本格肉料理「TEPPAN 29BAR BARUMICHE」

「牛ハラミステーキ ガッツリ生ニラ×ハーブバターソース」(1980円)や「29BARの肉前菜盛り合わせ」(1280円)がおすすめ/TEPPAN 29BAR BARUMICHE

すべての画像を見る(7件)

梅田や“ウラなんば”で人気のワイン酒場、バルミチェの3号店としてオープンした肉バル「TEPPAN 29BAR BARUMICHE」。肉はもちろん、海鮮系やパスタ、デザートにいたるまで、さまざまな料理を鉄板で提供される。おすすめは、豪快な320gの「牛ハラミステーキ ガッツリ生ニラ×ハーブバターソース」(1980円)や、生ハムなど5種がのる「29BARの肉前菜盛り合わせ」(1280円)。目の前で火をつけて完成させる炎のスパイシーチキンなどの演出も魅力的!

ハンバーガーの匠による新感覚ステーキ「THE BUTCHER」

【写真を見る】シェアして食べたい人気のメニュー「BROOKLYN MASHED BEEF」(750円)や脂の旨味が絶品の「ミスジステーキ(約300g)」(3000円)/THE BUTCHER

厳選した肉など、こだわりのハンバーガーで人気を博す阿波座のバーガリオンの2号店「THE BUTCHER」。看板メニューは、但馬牛の血を引く希少なオーストラリア産ビーフを使ったステーキで、ミスジやリブロースを提供する。中でも、パティをグリルした「BROOKLYN MASHED BEEF」(750円)や、脂の旨味が絶品の「ミスジステーキ(約300g)」(3000円)は、シェアして食べたい人気のメニュー!

炭火でじっくり焼き上げた巨大なステーキ「STEAK&BAR Block」

「ザブトンのローストビーフ炙り焼きMt.rokko」(1382円)、「ホルモンのアヒージョ」(626円)、「アンチョビキャベツのオーブン焼き」(540円)/STEAK&BAR Block なんばCITY店

東京・秋葉原のSTEAK&WINE Blockの姉妹店「STEAK&BAR Block なんばCITY店」。ブラックアンガス牛を使用した、トマホークやハラミなど5種の炭焼きステーキが人気だ。「ザブトンのローストビーフ炙り焼きMt.rokko」(1382円)、「ホルモンのアヒージョ」(626円)、「アンチョビキャベツのオーブン焼き」(540円)などのメニューが豊富にそろうほか、熟成マイスターが考案した「熟成肉餃子」(626円)などレアメニューも見逃せない。

程よい脂の柔らかな赤身肉が絶品な「肉タレ屋」

「本日の赤身肉の鉄板ステーキ」(1598円)がおすすめで、「黒毛和牛わさび味噌のなめろう」(1058円)はお酒と相性抜群!/肉タレ屋 なんばBAL店

行列ができる寺田町の焼肉店、肉タレ屋がプロデュースする肉バル「肉タレ屋 なんばBAL店」。肉は、鹿児島産が中心のA3からA5ランクの黒毛和牛を厳選して使用。オーナーが経営する牧場から仕入れるだけあり、新鮮さと手ごろな価格が自慢だ。おすすめは「本日の赤身肉の鉄板ステーキ」(1598円※写真はランプステーキ)。ピリ辛さが旨い「黒毛和牛わさび味噌のなめろう」(1058円)は、お酒との相性抜群!

高タンパクでヘルシーな上質な赤身肉が自慢「肉バル GAM」

「和牛ランプ ステーキ150g」(2980)。肉質5等級で、サシが入りながらもあっさりとしたあと味が魅力。甘味の強い醤油&ワサビで食べるとよりあっさり/肉バル GAM

厳選銘柄牛の高品質な赤身肉にこだわる肉バル「肉バル GAM」。2度焼きや30℃以上で寝かせるなど、独自の調理法で旨味あふれる「和牛ランプ ステーキ150g」(2980円)が名物メニュー。肉質5等級で、サシが入りながらもあっさりとしたあと味が魅力だ。牛か豚のステーキを頼むと食べ放題のサラダが付くのもうれしい!

10種のホルモンを特製ダレで味わう「焼肉ホルモン 坂上」

「焼肉ホルモン 坂上コース」(1人前・2916円)は、10種のホルモンを5種ずつ白ダレと黒ダレを絡めつつ焼いて食べる。(写真は2人前)/焼肉ホルモン 坂上 裏なんば店

「焼肉ホルモン 坂上 裏なんば店」は、ホルモン好き店主が食べ歩きで出合ったメニューをヒントに、イメージを広げ個性的なスタイルを確立したメニューが話題に!特徴は斜めになった鉄板で、鉄板上のモヤシやシメの麺に肉汁が絡みおいしくなる。スタッフが焼いてくれるので焼きすぎにならず安心して楽しめる。コスパが高くておすすめのメニューが、タン、マルチョウ、ハートなど10種のホルモンを5種ずつ、白ダレと黒ダレを絡めつつ焼いて食べる「焼肉ホルモン 坂上コース」(1人前・2916円)。モヤシが食べ放題で、鉄板上で焼けたホルモンから出た肉汁の旨味エキスとタレが合わさると絶妙だ!

お値打ちホルモンでガツンと飲める「ホルモンバル惑星みかん」

さっと炙ることでジューシーな食感と旨味が楽しめる「ハラミ」(500円)と、あえて脂身を残してほかにはない味わいが実現した「コリコリ」(500円)/ホルモンバル惑星みかん

店主の薄井氏が、“ホルモンをアテに飲めるバーと居酒屋の中間の店にしたい”との思いで出店した「ホルモンバル惑星みかん」。朝方には周辺の飲食店のスタッフが集うほど、上質でお手ごろなホルモンが舌の肥えた界隈の肉好きたちをトリコにしている。さっと炙ることでジューシーな食感と旨味が楽しめる「ハラミ」(500円)や、あえて脂身を残してほかにはない味わいが実現した「コリコリ」(500円)がおすすめで、ちょい飲みにもぴったり!【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る