ピーターラビットのかわいすぎるチョコに舌鼓

2017年6月7日 18:19更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今年もバレンタインに向けて、さまざまな新作チョコが目白押し。なかでも、かわいすぎるピーターラビットのギフトコレクションに注目が集まっている。今回、動画ファッションマガジン「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の黒澤まさ美さんが、2月14日(火)まで同コレクションを展開している西武池袋本店「チョコレートパラダイス2017」に潜入し、その全貌をレポート!

「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の黒澤まさ美さんが西武池袋本店「チョコレートパラダイス2017」へGO!ピーターラビットとメリーチョコレートのコラボチョコをレポート


2016年に作者のビアトリクス・ポターが生誕150周年を迎えた『ピーターラビットのおはなし』は、全世界で累計発行部数2億5000万部を越える人気絵本シリーズ。この度、同シリーズと日本を代表する高級チョコレートメーカーのメリーチョコレートとのコラボレーションが実現。絵本の美しい世界がぎゅっと詰まった、これまでにないギフトコレクションが誕生した。

【写真を見る】本館7階南催事場にある西武池袋本店「チョコレートパラダイス2017」の入口に到着


「西武池袋本店 チョコレートパラダイス2017」の会場に到着。チョコが大好きという黒澤さんは、入口のデコレーションにテンションマックス!「これ、本物のカカオですね。まさにチョコの楽園!ピーターラビットとのコラボチョコ、とっても楽しみです」(黒澤さん)。さっそく「ピーターラビット×メリーチョコレート」の売場を発見! 

こちらが「ピーターラビット×メリーチョコレート」の売場。ピーターラビットのチョコレートがずらり


「ピーターラビット×メリーチョコレート」のギフトコレクションシリーズは全7種類。絵本の形をしたものや150周年のロゴを描いた缶入りなど、パッケージもさまざまだ。

思わず駆け寄り、「種類もたくさんあるんですね」と目を輝かせる黒澤さん。スタッフさんに内容を聞きながら選んでいく


黒澤さんが選んだのはこの5つ!缶入りや絵本型など、多彩なパッケージがずらり


「パッケージだけでなく、中身も凝っていてかわいい。どれにするか決めるのが難しいです…」と、店員さんに特徴を聞きながらしばらく悩んでいた黒澤さん。チョイスした5品を紹介!

アソートチョコレート(ブック)


「アソートチョコレート(ブック)」(9個入り・1728円)。は、ピーターのおかあさんとピーターラビットがプリントされたチョコやチョウ型のバナナ味がセットに。箱は150周年仕様


まずは絵本型の「アソートチョコレート(ブック」」(9個入り・1728円)。フタの中には『ピーターラビットのおはなし』が刊行された1902年から1930年『こぶたのロビンソンのおはなし』までの年表が書かれている。「スリーブケース付きで、本物の絵本みたい。絵本シリーズの歴史が感じられますね」(黒澤さん)。

アソートチョコレート


ピーターラビットのプリントチョコも入った「アソートチョコレート」(12個入り・1296円)。花型のストロベリー味や葉っぱの形をしたグリーンティー味など、色味も華やか


葉っぱや花など、物語の舞台である湖水地方の自然をモチーフにしたチョコのアソートメント。全3サイズのうち、黒澤さんが選んだのは中型の「アソートチョコレート」(12個入り・1296円)。このほか、6個入り(702円)と23個入り(1944円)がある。「サイズが豊富で、シーンにあわせて選べるのがうれしい。箱の絵もそれぞれ違うんですよ!」(黒澤さん)。

クランチチョコレート


「クランチチョコレート」(46g・864円)。缶と同じ絵柄のミニバッグがセットになっている


続いてはローズ柄を散りばめた缶がキュートな「クランチチョコレート」(46g・864円)。「中身はサクサクのクランチチョコレート。ミルキーなチョコレートにクランチが香ばしい。専用のミニバッグ入りなので、ちょっとしたギフトとして喜ばれそう」(黒澤さん)。

プレーンチョコレート(メモリアル)


「プレーンチョコレート(メモリアル)」(24g・540円)、150周年のロゴが入った限定デザイン缶


ラベンダー色の缶に入った「プレーンチョコレート(メモリアル)」(24g・540円)は、まろやかな「ミルク」とカカオが香る「スイート」の2種類がイン。「個包装になっていてシェアしやすいのがいいですね。手のひらサイズの缶は小物入れにもちょうどいいです」(黒澤さん)。

ブックコレクション


「ブックコレクション」(6個入り・2160円)は、モルトパフやナッツの食感が楽しい6種類のチョコが入っている。ボックスに入った絵本型の箱には、それぞれ実際の表紙の絵柄が


最後は「これ、一番好き!」と黒澤さんが手に取った「ブックコレクション」(6個入り・2160円)。絵本の表紙のイラストが描かれた箱入りチョコのセットだ。『ピーターラビットのおはなし』(紅茶)や、『こねこのトムのおはなし』(キャラメル)、『あひるのジマイマのおはなし』(ストロベリー)など、それぞれ味が異なる。

気に入った5つのチョコをゲット!購入すると、オリジナルのバッグをもらうことができる


「オリジナルのバッグに入れてもらえるのもポイント高いです!」と黒澤さん。また、フードコートでは購入したチョコを試食することができる。

フードコートで購入したチョコを並べる黒澤さん。ふんわり香る甘い匂いに、思わずうっとり


甘い香りにつられてパクパク。「さすがメリー、どれもおいしいです。フレーバーも豊富で楽しいし、大切な人へのギフトにもぴったりですね」(黒澤さん)。

「かわいらしい世界観にほっこりしました」と、黒澤さんは幸せそうに会場を後に。共にアニバーサリーイヤーを迎えた『ピーターラビットのおはなし』とメリーチョコレート。今年のバレンタインは、“甘くてかわいい世界”にどっぷり浸ろう。【ウォーカープラス編集部/金城和子】

金城和子

この記事の画像一覧(全15枚)

キーワード

ページ上部へ戻る