柳下大がWキャスト主演ミュージカル「手紙」、神戸へ!

関西ウォーカー

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

WEB連載「はーこのSTAGEプラスVol.37」をお送り致します。

昨年、東京・神戸・大阪で上演されたミュージカル「手紙」。再演を望む熱い声に押され、1年未満という速さで東京の新国立劇場 小劇場で上演(2/5(日)まで)、そして関西は神戸で上演される。

昨年の初演を観逃した。「いい作品だった」と後で聞いた。悔しかった。だから今回は絶対に観る! その舞台は“再演”でなく“再挑戦”だと言う。届いたばかりの東京公演の舞台写真と共に紹介しよう。

【原作と物語のこと】

原作:東野圭吾のベストセラー小説。2003年に出版されて直木賞候補となり、06年に映画化、共に大ヒットした著者の代表作の一つ。おなじみのミステリーやエンタメ小説ではない、感動作だ。

物語:両親の死後、剛志(つよし)は弟・直貴の親代わりだった。優秀な弟の学費欲しさに空き巣に入り、思いがけず殺人を犯してしまう。貧しくても平和だった生活は一瞬にして暗転。「人殺しの弟」となった直貴は、さまざまな差別にあい、未来は次々と崩れて行く。そんな現実を知らず服役中の剛志は、純粋な思いを手紙に託し、直貴に送り続ける。その手紙によって、追い詰められてしまった直貴は…。

日常が、思い描いていた人生が、一瞬にして崩壊してしまう怖さ。せつなすぎる兄弟の感情。2人が交わす“手紙”を中心に、深いテーマを内包させた作品をミュージカルで贈る。

【キャストのこと】

弟・直貴役には、柳下 大と太田基裕のダブルキャスト。兄・剛志を演じるのは、ミュージカル界でも歌唱力に定評のある実力派・吉原光夫。兄弟の周囲の人間を含め12人のキャストで。また音楽は、ミュージシャン4人が生演奏する。

【ミュージカル化】

物語の構成は、縦糸に弟が次々と経験する差別、横糸に兄が弟を思う手紙。2人の思いと苦しみはデュエットとなり、それぞれの慟哭がソロとなり…。音楽は彼らの感情を言葉以上に語り、歌に乗せたテーマが観客の心の奥まで届く。

初演では舞台と客席の位置が逆転、観客は舞台上を通過して入場した。演出・藤田俊太郎の「これはあなたの人生かもしれない」というメッセージ。ユニークな演出も話題のひとつだったが、今回は「より普遍化し、世界中の劇場でお客様に届けられるミュージカルを創りたい」と語る、再挑戦の2017年版の舞台だ。

【クリエイティブチームのこと】

高橋知伽江(脚本・作詞):映画「アナと雪の女王」の日本語歌詞を手掛け、劇団四季上演の日本版「アラジン」の訳詞で、第23回読売演劇大賞優秀スタッフ賞を受賞。深沢桂子と上質のオリジナル・ミュージカルを何作も生み出す。

深沢桂子(作曲・音楽監督・作詞):1987年の宮本亜門演出「I Got Mermann」で音楽監督・編曲を務めて以来、来日上演する数々のブロードウェイミュージカルを手掛けて活躍中のベテラン。

藤田俊太郎(演出):04年~16年をニナガワ・スタジオで蜷川幸雄作品に演出助手として関わり、14年に「The Beautiful Game」の演出で、第22回読売演劇大賞優秀演出家賞 杉村春子賞を受賞。今年、第24回の同賞にも「ジャージー・ボーイズ」の演出でノミネートされている。

オリジナル・ミュージカルは、そのチーム力が作品の出来を左右する。キャストだけでなく、今後はこのトリオの活動に注目したい。その手始めに、まずはこの作品から。さあ、期待して劇場へ!

演劇ライター・はーこ

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!今が見頃の花見スポットはこちら

ページ上部へ戻る