雨でも遊べる!東条湖おもちゃ王国の絶対楽しむべき施設7館

2017年2月6日 20:14更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「東条湖おもちゃ王国」は、見て、触れて、体験できるおもちゃのテーマパーク。甲子園球場約2個分の広さの園内では9館の「おもちゃのお部屋」と約20種のアトラクションを楽しめる。室内型のおもちゃの部屋には、最新のものから懐かしいものまで子供が夢中になるおもちゃが大集合!プラレールやリカちゃんのほかブロックや積木などがそろう部屋もあり、性別や年齢に関係なく楽しめる。一緒にダンスできるオリジナルキャラクターのショーも人気だ。今回は「東条湖おもちゃ王国」の天気を気にせず遊べるおもちゃの部屋と、家族で楽しめる乗り物を紹介!

雨でも遊べる!東条湖おもちゃ王国の絶対楽しむべき施設7館

全ての画像を見る(13件)

【トミカ・プラレールランド】部屋の中央にある30段のタワーレールは迫力満点。自由にレールを組んでプラレールを走らせられるプレイコーナーも人気が高い。ジオラマは、トンネルから中に入って楽しむこともできる。いろんな形のレールを組んで、プラレールを走らせよう。

【リカちゃんハウス】初代リカちゃんやおもちゃ王国オリジナルをはじめ珍しいリカちゃん人形を多数展示。等身大リカちゃんとの記念写真スポットもある。プレイコーナーでは100着以上のドレスや靴、小物などを着せ替えて自由に遊べる。

【ダイヤブロックワールド】形や大きさの異なる色とりどりのブロックを使って自由に組み立てよう。展示コーナーには4×4mmと超ミニサイズのナノブロックのジオラマも展示されている。

【シルバニアファミリー館】シルバニア村を再現した全長約6mのジオラマがインパクト大。実際に手に取れて人形遊びをすることもOK。ママも童心に返り夢中になること間違いなし。

【まなびのハウス】玉ころがしやお絵描きをはじめ、遊びながら学ぶことができる知育おもちゃがズラリとそろう部屋。ハイハイ歩きの乳児でも楽しめるおもちゃも充実している。

【木のおもちゃ館】積木や楽器、電車、パズルといった、木で作られたおもちゃがいっぱい。珍しい木の球のボールプールやいろんな遊び方が楽しめるシティブロックスなどもあり。

【ままごとハウス】料理や掃除、化粧などさまざまなごっこ遊びができる。店やキッチン、子供部屋の3ゾーンに分かれていて、よりリアルな気分でごっこ遊びを楽しめると人気。

多彩にそろう乗り物を家族で乗り尽くそう

自然の中で自分で運転ができたり、スリルが味わえたりと、さまざまなタイプの約20種の乗り物を満喫!保護者同伴なら0歳児も楽しめる乗り物もあり、小さな子供がいる家族もたっぷり遊べる。

【レッツゴートーマスとなかまたち】トーマスやパーシー、ジェームズに乗って出発しよう。かけ橋やトンネルを進んでいけば、鉄道旅行気分を味わえるかも!?<年齢制限:0歳以上(0~2歳は要保護者同伴)、300円>

【わく☆わくコースター】機関車の形をしたミニコースター。子供でも安心な大きさでも、急旋回の連続で、意外にスリルあり。つい何度も繰り返し乗りたくなる!<年齢制限:3歳以上(3~5歳は要保護者同伴)、300円>

【おさんぽぞうさん】キュートなゾウに乗って空中散歩をしているかのような気分を味わえる。音楽と共に回りながら上下に動くが、速度はゆっくりで、記念撮影にも最適。<年齢制限:0歳以上(0~3歳は要保護者同伴)、300円>

【キッズドリフトレーシング】親子で協力しながら、マシンをじょうずにコントロールしてゴールを目指そう。ブレーキやアクセルがボタンになっているので操作も簡単。<年齢制限:0歳以上(0~4歳は要保護者同伴)、300円>

【スイングボートドラゴン】海賊船形のスリルライド。前後に揺れる様子は、まるで荒波を越えているような迫力。大人でも「結構ドキドキした!」という声多数。<年齢制限:3歳以上(3~6歳は要保護者同伴)、300円>

【アンチック・メリーゴーランド】馬車やウマに乗ると、楽しい音楽に合わせて回るレトロな雰囲気のメリーゴーランド。楽しんでいる子供の記念撮影をしやすいのも魅力。<年齢制限:0歳以上(0~4歳は要保護者同伴)、300円>【関西ウォーカー編集部】

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全13枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事