レシピ公開中!ケンミンの焼ビーフンを一流シェフが大胆アレンジ

2020年4月30日 17:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

発売から59年の歴史を誇り、「最も長く販売されている焼ビーフンブランド」としてギネス世界記録にも認定されているケンミン食品の焼ビーフン。
公式HPでは現在、各料理界の一流シェフが考案した「シェフがつくるビーフンのまかないレシピ」を公開している。
新型コロナウィルスで外出自粛が続く中、料理を作る機会が増えた人も多いのでは。本企画は、そんな人たちの助けになりたいと、企画された。

【写真】現存する焼ビーフン商品の最長寿!ギネス世界記録に認定された「ケンミン焼ビーフン」


一流シェフの手で大変身!便利でおいしい焼ビーフンレシピ

乾麺で保存がきくだけでなく、茹で戻しせずフライパン一つで調理可能な手軽さも、STAYHOMEのおうちごはんにピッタリな焼ビーフン。予め下味がついているためそのまま食べてももちろん美味しいのだが、一流シェフの手にかかれば更に特別なおいしさに。

お菓子の材料でもあるヨーグルトを使用したパティシエ エス コヤマの小山進シェフによる「ヨーグルトと塩麹のスープビーフン」や、バランスの良い食事をと考案されたChi-fuの東 浩司シェフによる「簡単!豆乳の担々ビーフン」など、バラエティ豊かなレシピが毎日公開されている。

「もっと食べたい!さっぱり!」をテーマにパティシエエスコヤマの小山進シェフが考案した、「ヨーグルトと塩麹のスープビーフン」

La Kanroの仲嶺淳一シェフによる「ソース焼きそばスパイスオイスタービーフン」

野菜やたんぱく質をたっぷり摂れる「簡単!豆乳の担々ビーフン」

北野坂 木下の木下憲幸シェフによる「新じゃがいもと焼ビーフンのフリッタータ」

味は本格的ながら工程はどれもシンプルなので、家庭でも簡単に再現できそうだ。
毎日のごはんに何を作ろうか悩んでいる人や、長いおうち時間に暇を持て余している人は、シェフが教える焼ビーフンレシピに是非チャレンジを!

ケンミン食品株式会社
詳細・レシピはこちら

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る