完売必至スイーツ店「AUDREY」のバレンタイン!いちごの形の「ハローベリー」は限定フレーバーに

2021年1月15日 18:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

かわいらしいパッケージと確かなおいしさで人気のいちごのお菓子専門店「AUDREY(オードリー)」が、1月15日(金)から約3週間の期間限定でバレンタインスペシャルサイトをオープン。今年のバレンタインは、「詩」をテーマに、売り切れ必至のバレンタイン限定商品や毎年イラストが変わるスペシャル缶など、見ても食べても楽しめるいちごスイーツが販売される。

いちごを使ったキュートなパッケージとスイーツが魅力


オードリーがバレンタイン商品をオンラインで販売するのは今回が初めて。1週間ごとに商品が一新されるので、どんなものが登場するかは毎週のお楽しみだ。

「詩」をテーマに初のバレンタイン商品を展開


第一週目となる1月15日(金)から1月21日(木)の期間は、看板商品の「グレイシア」や人気の「ストロベリーショコラ」に加えて、「ハローベリーストロベリー」がレトロなデザインのバレンタイン限定パッケージで登場。「ハローベリーストロベリー」はいちごの形のお菓子「ハローベリー」のバレンタイン期間限定フレーバーで、必ず手に入れたいところ。

「グレイシアミルク(バレンタイン限定パッケージ)」(8個入/1080円)

「グレイシアチョコレート(バレンタイン限定パッケージ」(12個入/1620円)

「ハローベリーストロベリー(バレンタイン限定パッケージ)」(5個入/1188円)


「トートバッグ入りオードレーヌ」は、いちごのコンフィーチュールを合わせてリボン型に焼き上げたスペシャルセット。また、「オードリーショコラ」は国産いちごの「紅ほっぺ」や「さがほのか」を使ったボンボンショコラになっており、ひと粒ひと粒に花畑をイメージしたイラストがプリント。オードリーの世界観がぎゅっと詰まった一品だ。

「トートバッグ入りオードレーヌ」(4個入/2310円)

【写真】ひと粒ひと粒に花畑をイメージしたイラストがプリントされたチョコレート


オードリーの人気ぶりは、昨年5月に期間限定でオンラインショップがオープンした際には、受付開始時から注文が殺到し、対応が追い付かなくなったため、一日2回の限定販売に切り替えられたほど。今回は毎日午前8時から販売される予定だ。確実にゲットしたい人は、事前にオンラインショップの会員登録を済ませて買いたい商品を決め、余裕をもって待機しておこう。

コロナ禍で初めて迎えるバレンタイン。大切な人への贈り物や自分へのご褒美に、人気店のスイーツを手に入れてみてはいかがだろう。

※価格はすべて税込み

この記事の画像一覧(全14枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る