シングルマザーが、発達障がいである息子の育児に奮闘!人気WEB漫画が書籍化「シンママのはじめて育児は自閉症の子でした」11/30発売

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

幼い息子が発達障がい!?初めての育児なのに、これからどうすれば…。ウォーカープラスで連載され人気を博した漫画「自閉症育児奮闘記」が、タイトルを「シンママのはじめて育児は自閉症の子でした」と変えて書籍化。2022年11月30日(水)に発売された。

著者であるフリーデザイナーの“まる”さんは、本業に加えパートでも奮闘するシングルマザー。そんなある日、幼い息子・リュウくんが発達障がいである可能性が指摘される。ただでさえ大変な初めての育児。息子の成長への不安や戸惑い、悩みがあふれ出す。だが、そんな親の苦しみをよそに、ゆっくりと確かに成長していく息子の姿。もう、発達障がいは単なる「性格の違い」とさえ思えるようになってきた…。

「シンママのはじめて育児は自閉症の子でした」


エピソードは数ページの1話完結スタイル。発語の遅れを気にしたり、リュウくんの落ち着きがないため3歳児健診で疲れ果ててしまったりと、発達障がい育児ならではの悩みが描かれる。一方で、大好きな電車をきっかけに言葉を覚えたり、保育園行事に徐々になじんでいく様子など、リュウくんの少しずつ確実に成長していく姿が微笑ましく、共感の声が集まっている。療育通いや療育手帳の取得など、当事者の参考になるようなエピソードも多い。

「シンママのはじめて育児は自閉症の子でした」より

「シンママのはじめて育児は自閉症の子でした」より


「悩みも多いけれど、読者の方たちの“共感”に救われた」

著者のまるさんに、書籍化された感想についてうかがうと、「ただただ嬉しいです!小学生の頃に家で飼っていた犬の漫画をずっと描いていて、いつかこんな漫画を描くようになるぞ!と思っていたことがあります。ペットの話ではなく子供の話だけど、まさか実際に書籍を出すことになるとは…小学生の頃の自分!『夢が叶っているよ!』」

漫画の見どころについては「ひとり親、育児、子供の発達、いろいろな面で大変なことも多いですが、私は漫画を見てくれている方々の“共感”に日々救われていました。発達障がいのお子さんを育てている方には『わかるわかる』『こういうことあるよね』『こういう悩みあるよね』などと共感して読んでいただき、少しでも気持ちが軽くなればいいなと思っています。発達障がいがよくわからないという方も、軽い気持ちで読んでもらって、障がいを知るきっかけになればと思います」

「シンママのはじめて育児は自閉症の子でした」より

「シンママのはじめて育児は自閉症の子でした」より


書籍では、連載からエピソードの加筆を大幅に行った。「連載を見ていただいていた方、ありがとうございます!息子の話はどんどん新しいストーリーが湧き出てくるので、何を(加筆エピソードとして)入れようかなと悩みました。OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)の訓練に通い出した話なども載せているので、これから受診を検討している方や、どんなことをするのかなど参考にしていただければと思います。あとは現在進行中の話など最新のテーマも描いているので、ぜひ書籍を手に取って読んでみてほしいです!」

なお、書籍では児童精神科医である岡田俊先生のコラム「発達障がいのある子を育てるには」も追加され、より役に立つ1冊となっている。

取材・文=折笠隆

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る