【宮城・仙台】高級焼干しなどを使ったスープ&煮干し入りの麺とニボニボづくし!

東京ウォーカー

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

角田出身のご主人が、県南エリアの食材を使って店をできないか、というコンセプトから生まれた「片平小十郎」。屋号も戦国時代、伊達政宗の片腕として白石城を治めていた片倉小十郎をもじったもの。煮干しを練り込んだ煮干しそばは、「白石温麺」の技法で「はたけなか製麺」が製造、味玉は白石蔵王の竹鶏たまご、チャーシューには蔵王の「ジャパンX」と、まさに県南のさまざまな食材を上質な煮干しスープと一緒に味わえる。

仙台市青葉区にある「片平小十郎」


「濃いめの煮干そば」(850円)


上品な味わいの「濃いめの煮干そば」(850円)


陸奥湾の焼干し、瀬戸内海や大分など各地から取り寄せた煮干しで作ったスープは、煮干しの甘味と旨味をとことん味わえる一杯。低温で煮出すことで上品に仕上げている。

■ラーメンデータ<麺>細・角・ストレート/製麺所:はたけなか製麺・90g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=煮干油/濃度: 超あっさり/種類: 魚介(煮干)

動物系の食材を一切使わず、高級焼干し、いりこ、昆布を使用


だしに使われる青森県産の高級焼干しといりこ


青森県産の高級焼干し、いりこ、北海道産の昆布などでだしをとる。動物系の食材は一切使っていない。

煮干しが入った煮干し麺


麺にも煮干しを入れているのもこの店の特徴だ。

「汁なし肉そば」(900円)


【写真を見る】煮干そばと銘柄豚「ジャパンX」のコラボが楽しめる「汁なし肉そば」(900円)


とろとろに煮込んだ「肉おでん」と煮干そばのコラボ。銘柄豚「ジャパンX」の柔らかな肉質が堪能できる一杯。

店主の声


角田出身、店主の菅野大輔さん


「あっさり味の煮干そばは飲んだ後の締めにもぴったりですよ」と話すのは店主の菅野大輔さん。

夜は居酒屋として営業する


夜は居酒屋として「肉おでん」をメインにしたメニューなどが味わえる。【ラーメンウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る