新春は鎌倉に行こう! 鎌倉駅西口のNEWカフェ&ジェラートでまったり

2019年1月3日 10:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鎌倉の地元では「裏駅」とも呼ばれ、御成通りを中心に地元の人行きつけのショップや飲食店が多い鎌倉駅西口。商店街や路地裏に年々新しいお店が増えつつあり、2018年にオープンした個性的なカフェやジェラートショップなどが早くも話題になっている。

注目の日本茶カフェ「CHABAKKA TEA PARKS」

急須とドリッパーを合体させた特注の茶器でいれる「CHABAKKA THE PARKS」店主の三浦 健さん

急須とドリッパーを合体させた特注の茶器でいれる「CHABAKKA THE PARKS」店主の三浦 健さん
(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

すべての画像を見る(9件)

おしゃれに楽しむ「日本茶エンタテインメント」をテーマに、全国各地の農家から取り寄せた日本茶のセレクトショップが御成通りから一本入った路地裏にオープン。ビールサーバーでいれる日本初のドラフトティーも注目!

さわやかな香りと濃厚でまろやかな甘味のある棒ほうじ茶 ふくみどり(486円、手前)。天然玉露といわれる高品質の深蒸し煎茶 あさつゆ(486円)

さわやかな香りと濃厚でまろやかな甘味のある棒ほうじ茶 ふくみどり(486円、手前)。天然玉露といわれる高品質の深蒸し煎茶 あさつゆ(486円) (C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

ビールサーバーで日本茶をいれるドラフトティー あさつゆ(756円)

ビールサーバーで日本茶をいれるドラフトティー あさつゆ(756円)(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

「Siblings kamakura」で焼きたてシブズキューブを!

キューブ形の焼きたてパン、シブズキューブ。カレーパンなど約11種ある

キューブ形の焼きたてパン、シブズキューブ。カレーパンなど約11種ある(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

湘南の人気コーヒー店のハウスブレンドを有田焼のドリッパーでいれるスペシャルティコーヒーと、キュートなキューブ形のパンが人気のカフェ。店内にはプリンターがあり、コーヒーを味わいながら仕事をする常連さんの姿も。

天井が高く開放感がある「Siblings kamakura」。テラスはペット可

天井が高く開放感がある「Siblings kamakura」。テラスはペット可(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

シブズキューブ デニッシュを卵と牛乳に12時間以上漬けたフレンチセット(1,100円)はサラダなどが付く

シブズキューブ デニッシュを卵と牛乳に12時間以上漬けたフレンチセット(1,100円)はサラダなどが付く(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

素材にこだわるジェラート専門店「Collina KAMAKURA GELATO」

「Collina KAMAKURA GELATO」では店内の工房でその日販売する量だけを製造

「Collina KAMAKURA GELATO」では店内の工房でその日販売する量だけを製造(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

県内の牧場で育てられている契約牛、あおばちゃんの新鮮な牛乳をベースにしたジェラート店。あれこれ試作を重ね、この牛乳に最適な食材を国内外から厳選。ピスタチオ、抹茶、豆腐など、素材本来の持ち味が存分に楽しめる約11種のジェラートが並ぶ。

マスカルポーネをたっぷり使ったティラミスと、えびすカボチャを使用したかぼちゃ(650円)

マスカルポーネをたっぷり使ったティラミスと、えびすカボチャを使用したかぼちゃ(650円)(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

あおばちゃんのオブジェが目印。店内にはイートインスペースもあり

あおばちゃんのオブジェが目印。店内にはイートインスペースもあり(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

日本茶、焼きたてパン、ジェラート、ここで紹介した3店は、おみやげ選びにもおすすめ。「CHABAKKA TEA PARKS」には、茶葉以外にオリジナルの茶器やウエアも展開しているので要チェック!

「裏駅」を熟知するのは、鎌倉通への第一歩!? なかなかディープなこのエリア狙いの1日も楽しそう。【取材・文/A-un、撮影/奥西淳二】

ページ上部へ戻る